宮原知子 カーニバル・オン・アイス2019 (解説:日本語)

埼玉県さいたま市のさいたまスーパーアリーナで開催されたアイスショー「木下グループpresents カーニバル・オン・アイス2019(Carnival on Ice 2019)」、宮原知子(Satoko MIYAHARA)の演技動画です。


Date:2019年10月5日
曲名:シルク・ドゥ・ソレイユ 『キュリオス』より「スピリット」  (Bella Donna Twist by Cirque du Soleil) [振付:ステファン・ランビエール]

Kurios (Cabinets Des Curiosit・s)
Cirque du Soleil


埼玉県さいたま市開催、ジャパンオープン2019(木下グループカップ フィギュアスケート Japan Open 2019 3地域対抗戦)の出場選手、日程、結果、動画リンク。日本からは宮原知子、紀平梨花、宇野昌磨、島田高志郎が出場。欧州チームが優勝、日本チーム2位、北米チーム3位。

『宮原知子 カーニバル・オン・アイス2019 (解説:日本語)』へのコメント (7件)

  • 1
    ツキ  2019/10/07(月) 21:08:38  ID:1f0fad6b0

    管理人様、ありがとうございます。

    こんな素敵なお衣装、ドレスが似合う大人のレディになりました。
    今までで一番好みのお衣装です!!!

    このプロは、真央さんのEX「チェロスィート」と同じ主旨を想像させますね…どうでしょう?

  • 2
    とくみつ  2019/10/07(月) 21:26:35  ID:95557134f

    おおっ!!
    この衣装、抜群に 似合っていると思います。

  • 3
    citron  2019/10/07(月) 21:39:49  ID:fcdefba51

    素敵な衣装、ご本人デザインのような気がします。

  • 4
    くり  2019/10/07(月) 23:16:00  ID:90620f7a9

    素晴らしい衣装と髪型。素敵なプログラム。
    これ、競技プロじゃないのが残念。
    気品あるマダムの演技ですね。

  • 5
    Da Capo  2019/10/07(月) 23:23:00  ID:cb48b58c4

    これまた(美しいのに加えて)難しそうなプログラムですね!

    振付師のミヤケンさんが「ステファンの振付は難し過ぎて滑りたくない」と言うように、ジャンプやスピンこそ それほど凝ってはいないものの、このプログラムを滑りこなすのはスケーティング巧者のベテランでなければ 絶対無理そう。

    でも、難しそう&大変そうだけど 彼女の何が凄いかが よくわかるプログラムのように思います。

    今季はEXは1つでしょうか…とっても素晴らしいプロなんだけれど、個人的に唯一の心残りは 相性抜群のディクソンさんのプログラムが(今のところ)ないことかな。
    まあ、何しろ 彼女には組んでみて欲しい振付師が多過ぎるんですよね(^^;

    ファンとしては、今季も素敵過ぎるプログラムと演技を見せてくれるのが 楽しみで仕方ありません。
    知子選手 いつもありがとう♪

  • 6
    パフェ  2019/10/08(火) 03:41:05  ID:d68bceb63

    この目の離せないオーラはなんなのだろう。

    そして、体の脱力を見てほしいとフリーの解説でありましたが、新局面に来ているのですね。これまで培った全てが彼女全体を覆い、フリーもそうでしたが、ジャンプがどうこうというものではもうなくて、でも、格段にショートが練れてきたように、フリーエキシも完成形はため息が出るようになるのではと思います。

    彼女実はスケーターや元選手にも隠れファンや尊敬や親しみを感じてる人が多いらしいのです。

  • 7
    錦繍  2019/10/09(水) 20:14:27  ID:73e825460

    一つ一つの所作が美しい。まだ若い彼女だが、円熟味をかんじさせられます。これまで、いかに真摯にスケートに取り組んできたかを感じられて、じわっとしみじみと感じられる思いが私の中に広がります。音楽も合ってますね