Currently set to Index
Currently set to Follow

羽生結弦 全日本選手権2009 フリー演技 (解説:なし)

羽生結弦 全日本選手権2009

2009年大阪府立門真スポーツセンターで開催された「第78回全日本フィギュアスケート選手権(2009 Japan Figure Skating Championships)」 、羽生結弦(Yuzuru HANYU)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2009年12月26日
曲名:セルゲイ・ラフマニノフ 「パガニーニの主題による狂詩曲」  (Rhapsody on a Theme of Paganini, op.43 by Sergei Rachmaninoff)
技術点:72.03
構成点:65.20
合計:137.23  

B003I0VTTARachmaninov
Orquesta Sinfónica De Radio Berlin

B000CBNYOGラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番
アシュケナージ(ヴラディーミル)

大阪開催、第78回全日本フィギュアスケート選手権(2009年)の出場選手、日程、結果。女子シングルは浅田真央が4連覇、男子シングルは高橋大輔が2年ぶり4度目の優勝。


 

『羽生結弦 全日本選手権2009 フリー演技 (解説:なし)』へのコメント (6件)

  • 1
    toko  2015/05/12(火) 19:04:24  ID:268a175a5

    おお、これは貴重な映像ですね
    特筆すべきは最後の2Aですかね
    足元が映っていないのですが、間違いなくカウンターから跳んでいます
    パガニーニは他にいくつかの試合で見た事がありますが、カウンターから跳んでいた記憶はありません、ほとんどがイーグルからの2Aだったはず(多分
    もしかしたらこの時がカウンターからのアクセルの初お披露目だったかも知れませんね

  • 2
    クリスタル  2015/05/12(火) 20:01:09  ID:69e665547

    この当時なんで映像が無いのかなと思ってましたがついに6年越しに見れて良かったです!!
    3アクセルの質が上がってきてさらに後半に3Aー3Tー2Tはやはり素晴らしいですね!!でも今は当たり前のように3Aー3Tを後半に入れてますが 実は3S-3Tだったようだったのでもしかすると彼がとっさに変えたとすると凄い強心臓ですね!!

  • 3
    鯛焼き君。  2015/05/13(水) 01:39:33  ID:97b747003

    貴重な映像ですね。
    この頃はジャンプは幅跳びタイプで、なおかつ軸が随分斜めだったんですね。見ていてヒヤヒヤするくらいに・・・。
    ここから成長していく過程でジャンプに高さが出て、軸もまっすぐな美しいものになっていったのですね。
    1番のtokoさんご指摘の通り、最後の2Aはカウンターからですね。おお、この頃からこんな難しいことしてたのか!と感心しました。カウンターからの2Aは伊藤みどりさんも跳んでましたね。
    カメラ1台で追ってるおかげで余計な画面の切り替えがなく、非常に見易かったと思います。でも出来ればジャッジ席側からの映像が残ってると良かったですね。

  • 4
    Gonta  2015/05/13(水) 10:30:54  ID:e72fb4836

    今ユヅさんの貴重な映像の数々、関係者ならずともストックに忙し。
    世界に名を残すであろう選手のドキュメンタリーが早くも作られてる予感。
    この時はやはり腰痛だったかSPで出遅れFSでは巻き返し。
    このころからすでに勝負に出るアスリート魂。
    この衣装も思いがこもった力作、後付けで言うなら前身ごろのフリフリがなければ尚可。

  • 5
    あいけ  2015/05/13(水) 21:56:17  ID:55987245f

     SP13位から巻き返したFS、なんで放送してくれないの~ とTV局の編集にがっかりだった6年前。 この1年前に羽生選手の演技を生で見て、そのオーラにやられた一人だったので、観たかったのです。 管理人様、ありがとうございます。  
     この時は気にしてなかったけど、既に後半にコンビ3つ入れて攻めている。 体力あるな~ヘトヘトになるまでまで頑張れるし。 衣装は、お母様の手作りだったような。

  • 6
    goldenbow  2015/05/14(木) 09:10:47  ID:e1c21a9be

    半ば諦めていたのですが、、、やった、ついに出てきた~~っ!!という気持ちです。貴重な動画のご紹介、ありがとうございました。
    私にとってパガニーニは、羽生選手を応援する上でまさに原点のようなプログラム。大健闘した2009年全日本のフル映像が無いなんて、なんと言うか、ずっと収まらない気持ちでいました。
    初めて彼を見たのは2008年の全日本フリーで、後年、映像を見直した時に、幾つかジャンプを失敗したにも拘らず見惚れる程の演技だったのだと気付きました。
    TVの前にいた長女と、あら~この子同い年ね~などと言いながら見ていたんですが、、、演技のあとは、羽のように軽やかなジャンプと柔らかく伸びる表現で魅せた14才男子に「凄い、凄い!」と二人して大騒ぎした記憶が残っています。
    あれから本当に色々な事がありましたが、こうして昔の映像を見てあらためて感じるのは、アスリートの目覚ましい成長を応援させてもらった喜びと感謝、です。