Currently set to Index
Currently set to Follow

李子君[リ・シクン] NHK杯2014 ショート演技 (解説:ロシア語)

李子君[リ・シクン] NHK杯2014 

2014年ISUグランプリシリーズ第6戦、大阪の大阪府立門真スポーツセンターなみはやドームで開催された「NHK杯国際フィギュアスケート競技大会(2014 NHK Trophy ISU Grand Prix of Figure Skating)」、中国代表-李子君[リ・シクン](Zijun LI)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2014年11月28日
曲名:ピョートル・チャイコフスキー バレエ音楽『くるみ割り人形』より「花のワルツ」   (Waltz of the Flowers (from “Nutcracker”) by Peter I. Tchaikovski)

技術点:29.43
構成点:28.01
減点:1.00
合計:56.44

大阪府門真市開催 グランプリシリーズ第6戦NHK杯2014(日本大会)の大会情報、出場選手&結果。男子シングルは村上大介が優勝、無良崇人3位、羽生結弦4位、女子シングルはグレイシー・ゴールドが優勝、宮原知子3位、村上佳菜子4位、加藤利緒菜5位。

(ロシア語)

(イギリス英語)

『李子君[リ・シクン] NHK杯2014 ショート演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (3件)

  • 1
    ジャガミカン  2014/11/28(金) 23:48:03  ID:6475000c2

    なんか私の知っているジジュンリに戻りましたね。
    スピードがあって、手の使い方も良い感じです。
    ジャンプも軽くなってますし、復活した感じですね。
    演技構成点もやっと28点に乗りました。
    また世界選手権で、ダークホースのような存在になりそうです。
    この前はフリーで体力切れになってましたが、今回はどうでしょう。
    着実に点数を伸ばしていくために、良い演技が出来ると良いです。

  • 2
    Clara  2014/11/29(土) 12:31:56  ID:f726c97b7

    私はジジュンリのスケートが好きです。
    真央ちゃんを思い出すというか、何気に美しい滑るスケートなんですよね。
    ただ、中半から後半のスタミナが真央ちゃんとは著しく異なるところなんです。
    後半が息切れするので印象が悪くなってしまい、せっかくの滑りの評価がイマイチで得点が伸びない。
    スタミナがつけば、凄い選手になるでしょうが、そういうったトレーニングには熱心ではないのかな?

  • 3
    みみい  2014/11/29(土) 16:07:51  ID:7837edb56

    最近、競技でのスケーティングが重たく感じて、残念に思っていました。エキシビションでは軽やかな感じなんだけど。
    今回のショートはいつもよりスピードが出て、軽やかに滑ってて、見ていて気持ちよかったです。
    私も、何となくジジュンがバンクーバーの頃の真央ちゃんに似ているような感じがしていました。
    もう少しスケーティングが軽やかになれば、体力の減りも違うと思うし、スピード感もあってジャンプもスムーズになるのかな~なんて色々勝手に思ったりして…。
    身長も大きくなって、体力も追いつかないところもあるし、色々と難しいんだろうけど、ゆっくり見守りたいです。
    頑張ってねジジュン。
    応援してます。