コートニー・ヒックス スケートカナダ2014 ショート演技 (解説:ロシア語)

コートニー・ヒックス スケートカナダ2014

2014年ISUグランプリシリーズ第2戦、カナダのブリティッシュコロンビア州ケロウナ(Kelowna, B.C)で開催された「スケートカナダ(2014 Skate Canada International)」、アメリカ代表-コートニー・ヒックス
(Courtney HICKS)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2014年10月31日
曲名:ザ・ピアノ・ガイズ 「コード・ネーム・ヴィヴァルディ」 (Code Name Vivaldi by The Piano Guys)

技術点:28.56
構成点:27.80

合計:56.36

ザ・ピアノ・ガイズ
ピアノ・ガイズ

  • スケートカナダ2014 選手一覧&結果
  • (ロシア語)

    『コートニー・ヒックス スケートカナダ2014 ショート演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (2件)

  • 1
    ジャガミカン  2014/11/02(日) 10:23:14  ID:46d7af5f0

    ヒックスが出ているのを忘れてました。
    3Lzが決まれば2位だったかもしれないですね。
    すごいキレのある演技です。
    スピンは得意じゃないと思われるのですが、しっかりとレベルを取って行こうという意気込みが感じられます。
    演技全体を通しても、しっかりやろうという意気込みみたいなものが感じられます。
    スピードがあるのですが、粗さはそこまでないんです。
    今年はヒックスにも注目していたんですけど、見るのを忘れてました。
    微妙に3位集団とは点差が出来てしまったので、表彰台はきびしいかもしれませんが、4位くらいは十分に行けます。
    北米だからということもありますが、けっこう演技構成点でも評価されていて、これからさらに伸びてくると良いなと思います。
    私はアメリカだとゴールドよりもヒックスの方が好きかなと思いますので、頑張ってほしいですね。

  • 2
    はや  2014/11/02(日) 19:05:42  ID:e5e77df35

    この衣装とメイクがすごく素敵です。
    ルッツ以外は加点が付いていて、とてもいい演技でした。