Currently set to No Index
Currently set to No Follow

ナタリー・ヴァインツィアール ネーベルホルン杯2013 ショート演技 (解説:イギリス英語)

ナタリー・ヴァインツィアール ネーベルホルン杯2013

2013年ドイツのオーベルストドルフ(Oberstdorf)で開催された「ネーベルホルン杯2013(Nebelhorn Trophy 2013)」、ドイツ代表-ナタリー・ヴァインツィアール(Nathalie WEINZIERL)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2013年9月26日
曲名:テッド・ヘルス「フィーバー」(Fever performed by Ted Heath and His Music)
技術点:20.44
構成点:21.02
減点:1.00
合計:40.46

The Essential Collection
Ted Heath


ネーベルホルン杯2013 出場選手

『ナタリー・ヴァインツィアール ネーベルホルン杯2013 ショート演技 (解説:イギリス英語)』へのコメント (1件)

  • 1
    える  2013/09/27(金) 20:48:09  ID:a62db3e1f

    得点が間違っていますが、まもなく管理人様が修正されると思います。
    SP5位に付ける、なかなな良い演技でしたね。FSが楽しみです。
    ところで、この大会ですが、B級大会だと油断していましたが五輪予選会なので審判9人で行う、今シーズン初のISUの公式な審判となる大会ですね。つまり今シーズンのルール変更が織り込まれた判定が行われており、今シーズンの判定傾向が予想できるはずです。
    ということは、ルール変更どおり技術審判によるジャンプの明らかなe判定が減って、微妙なe判定を9人の各審判に任せる方式が採用されているのでしょうか。それがヴァインツィアール選手のこの演技の2番目の 3Lz ジャンプの判定に現れており、
    6.00 GOE -0.40 -1 -1 1 -2 -1 -2 1 0 0
    となったのでしょうか。ぱっと見た感じでは別に失敗しているようには見えないのでそうなのかなと思いました。この辺の記憶が曖昧なので詳しい方のご意見をお待ちします。