Currently set to Index
Currently set to Follow

ジョシュア・ファリス 世界ジュニア選手権2013 ショート演技 (解説:イギリス英語)

ジョシュア・ファリス 世界ジュニア選手権2013

2013年イタリアのミラノ(Milan)で開催された「世界ジュニアフィギュアスケート選手権(2013 World Junior Figure Skating Championships)」、アメリカ代表-ジョシュア・ファリス(Joshua FARRIS) のショートプログラム演技の動画です。


Date:2013年2月28日
曲名:ヨーヨー・マ 『プレリュード』より「無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007」Suite for Solo Cello No. 1 in G Major, BWV 1007: I. Prélude - Bach: Cello Suites Nos. 1, 5 & 6 (Suite for Solo Cello No 1 in G Major: Prelude by Yo-Yo Ma)
技術点:41.45
構成点:34.39
合計:75.84

ベスト・アルバム


イタリア・ミラノ(Milano)開催、2013年世界ジュニアフィギュアスケート選手権の大会情報、出場選手、結果、動画リンク。女子シングルはエレーナ・ラジオノワ(ロシア)が優勝、宮原知子7位、本郷理華9位。男子シングルはジョシュア・ファリス(アメリカ)が優勝、宇野昌磨7位、 日野龍樹10位。

『ジョシュア・ファリス 世界ジュニア選手権2013 ショート演技 (解説:イギリス英語)』へのコメント (2件)

  • 1
    nupuri  2013/03/01(金) 08:24:44  ID:d02640700

    18才!シニアですよね。 宇野君は15才、一緒にすべるのはちょっと無理ありの感じですね。年齢差によるハンデがあってもいいのでは?

  • 2
    若葉  2013/03/01(金) 21:33:33  ID:3c1729ee3

    ジェイソン・ブラウンの方がインパクトがあって好きでしたが、この演技を見る限り、スケーティング、表現力、すべてにバランスのとれたエレガントなスケーターなので、競技者として有望でしょう。クワドもすでに身に付けているそうだし。選曲がいつもリリカル、シックだなぁ!
    SPはアメリカ選手がメダル独占のようで、アメリカの男子シングルも、これからは希望がもてますね。