Currently set to No Index
Currently set to No Follow

フローラン・アモディオ 世界選手権2012 ショート演技 (解説:ロシア語)

フローラン・アモディオ 世界選手権2012 ショート

2012年フランスのニースで開催された世界フィギュアスケート選手権(2012 World Figure Skating Championships)、フランス代表-フローラン・アモディオ(Florent AMODIO)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2012年3月30日
曲名:ハンス・ジマー 映画「ティアーズ・オブ・ザ・サン」 Tears of the Sun (Original Motion Picture Soundtrack) - Hans Zimmer (Tears of the Sun Soundtrack by Hans Zimmer)

技術点:42.82
構成点:38.14
減点:1.00
合計:79.96

Tears of the Sun


フランス・ニース開催、2012年世界フィギュアスケート選手権の大会情報、出場選手&結果&動画リンク。女子シングルはカロリーナ・コストナー(イタリア)が優勝、鈴木明子3位、村上佳菜子5位、浅田真央6位。男子シングルはパトリック・チャン(カナダ)が2連覇、高橋大輔2位、羽生結弦3位、小塚崇彦11位。

(ロシア語)

(ロシア語)

(イギリス英語)

(スウェーデン語)

(フランス語)

(イタリア語)

(解説なし)

『フローラン・アモディオ 世界選手権2012 ショート演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (5件)

  • 1
     2012/03/31(土) 00:30:17  ID:b224060b4

    どうしてモロゾフの教え子(レオノワとアモーディオ)にPCSで9点台がつくんでしょう?地元上げというよりも、モロゾフが怪しくて不可解。

  • 2
    花菜  2012/03/31(土) 00:57:46  ID:59e4e04ba

    m様の、「モロゾフが怪しくて不可解」に思わずふいてしまいました…(笑)
    でも私も、ジャッジが受ける印象の面で少なからずコーチや振付師の影響はあるかな…と思っています。まぁモロゾフは日本のファン内で賛否両論ですが、今までの選手(主に日本人)の試合成績を考えるとコーチとしての実績・評価かなりのもんですからね…。(^_^;)
    長光コーチが以前大ちゃんに「ジャッジへの印象として(ハク的な意味で)外国人のコーチをつけた方がいい」なんてアドバイスした事実もあるし…。
    まぁそれを言ったらタラママやミーシンこそ影響があるでしょ~!て事になりますけども(笑)
    何故かモロの教え子二人…レオノワちんもアモも好きなんだけど、正直……9点はないよなと思っています。(-.-;)特にレオちんは地元でもないのに…??
    毎年毎年figureはアゲ選手が作られますが、ホント、「不可解」ですな。

  • 3
    shirokuro  2012/03/31(土) 02:07:54  ID:4dc922726

    個人的にはモロの教え子のPCSよりもモロの振り付けのステップの評価の方が
    納得いかないかな。
    足もよく止まるし、表現が表情に頼る部分も多いのにかなりの高評価。
    アモディオ選手はまだしも、レオノワ選手はスケーティンスキルがかなり低いように
    見えるのになんでだろ。

  • 4
    さんぽ  2012/03/31(土) 12:10:16  ID:c3143671f

    「運動量」も審査項目に入ればいいのに。

  • 5
     2012/03/31(土) 12:41:05  ID:f29a3bd22

    そんなに評価に不満があるならフィギュア観なきゃいいのに(笑)