羽生結弦 名古屋フェスティバル2012 (解説:日本語)

羽生結弦 名古屋フェスティバル2012

2012年愛知の日本ガイシアリーナで開催されたアイスショー「名古屋フィギュアスケートフェスティバル2012」、羽生結弦の演技動画です。


Date:2012年1月5日
曲名:ジャスティン・ビーバー 「サムバディー・トゥ・ラヴ」  (Somebody To Love by Justin Bieber)

B00BH2VR4SMy Worlds (International Version)
Justin Bieber


『羽生結弦 名古屋フェスティバル2012 (解説:日本語)』へのコメント (8件)

  • 1
    MILO  2012/02/21(火) 14:55:09  ID:bac55bcc5

    ホントにいつも精いっぱい演技してくれて気持ちいいですよね。
    さわやかな汗ってこんな汗だったのねって思ったりして!
    若いっていいな、キラキラしてるなあって思える演技です。
    頑張れ、羽生くん!応援せずにいられない!

  • 2
    ocumk  2012/02/21(火) 15:53:27  ID:2cd2e595c

    本当にそうですね(*^。^*)
    応援せずにはいられないです!!
    羽生くん、がんばれ~!!

  • 3
    さんぽ  2012/02/21(火) 20:12:48  ID:6c854b503

    「顔もちっさいし、スタイルも良いし・・・」
    本当。
    綺麗に、かつ、慌てないで大人になって欲しいです。

  • 4
    白鳥  2012/02/21(火) 22:48:15  ID:51fa10665

    明るい中で演じるジャスティンは、いつもと雰囲気が異なり、一段と新鮮ですね。若さが弾けて、キラキラ眩しく、羽生君の瑞々しさが堪能できますが、今回のツボはマチコ先生の解説でした!いやあ、面白過ぎです!
    ノービスの頃からの長いお付き合いだからでしょうね。身内のような温かさが感じられて、和みます。
    先生が仰っていたように、昨夏はジャンプが素晴らしくキレていました。THE ICEの楽を見たのですが、例の4Tと3Aのシークエンスをはじめクワド跳びまくりで、「一人クワド祭」状態でした。NICEでも、あの時のようなジャンプを披露して、世界中をあっと言わせてくれるでしょう。応援していますよ~

  • 5
    みや  2012/02/22(水) 00:00:36  ID:8212df05e

    名古屋のお客さん、すごく間近でゆづが見られて、うらやましい限りです(*^o^*)
    世界選手権まであと1ヶ月ちょい、願わくばベストの状態で迎えて欲しい、同感です…

  • 6
    さな  2012/02/23(木) 10:50:30  ID:5ca7e3343

    羽生選手、精悍になりましたね。
    世界をとる層が出ているとみました!

  • 7
    える  2012/03/07(水) 20:53:19  ID:fe84de2c0

    このショーもちょと関係しているかもしれませんが、2012.3.6 news every において、
    フィギュア新星・羽生結弦選手
    避難所で見た風景…17歳が明かした「思い」
    と題する特集のほぼ全部の発言です。既にアップされていると思いますが、キーワード
    17歳が明かした「思い」羽生結弦
    等で検索してみてください。
    東日本大震災からまもなく一年になりますが、あらためて震災復興に目を向け支援を誓うと共に、羽生選手を応援していきましょう。
    (元避難所の体育館にて、)
    「とにかく頑張る、」「頑張んなきゃっていう強い気持ち」
    (家族のいた場所を指して、)
    「ここらへんで、本当(ほんと)に、スペース的には、この幅ぐらいで、このぐらいかな、このぐらい。」
    「こう撮ったんですよ、寝ながら」(写真の説明)
    「寝てて…、ゆれるんですよね、夢の中で。で、地震の時のリンクの風景と、自分がどうなってたかというのと…、いろんな視点から、夢の中で見ちゃうんですよね。そういうことの夢ばっかり…、つらかったですね。」
    「その、おにぎり一個とか、そういうものを(避難所の学校の)先生方が頭下げながら、渡して下さったのを覚えています。」
    「二人で一個とか、ほんとこのぐらいのやつなんですけど。」
    「ほんとにまた、同じようにみんな住めるのかなっていう事を考えてたっていうのはありますね。」
    「やっぱり、スケートやりたいなっていう思いはありましたし、だけど、それを口から出せるか、自分の口から出せるかって言ったら、絶対出せなかったし、」
    「自分だけそんな、好きなことばっかり、やっちゃだめだと思ったし、」

  • 8
    える  2012/03/07(水) 20:54:24  ID:fe84de2c0

    続きです。
    (ショーの出先で、一人になると避難所で撮った写真を見ていた。)
    「被災地にまだいる人たちに対して、本当に申し訳ないなって思いました。」
    「みんなまだ頑張っているのに、僕は逃れて…、」
    「避難してきて、スケートやってて、なんか本当に、自分のスケートのために、自分だけが逃れてて、で本当にいいのかなっていうような感じでした。」
    (「仙台の希望」と言われて、インタビュー時期不明)
    「なんで、こんなに重いものを背負わなけりゃいけないんだろう。そういう重圧に負けそうになったことはありましたけど。」
    (インタビュー時期不明)
    「震災からもう逃れちゃっているんだから、とにかく頑張るって言う強い気持ち、が生まれました。」
    (被災地からの反応に対して、ソファのある別の場所で)
    「自分の演技見て、『すごい力がでてきたよ』とか、『すごい勇気づけられた』とか、本当にうれしかったですし、」
    (全日本の映像にかぶせて)
    「大丈夫、一人じゃないって思って、滑りきる・・」
    「応援があって、いろんな人とつながっているから、自分のスケートは出来ているんだなって」
    「あったかいって感じです。」
    「本当にその思いがあったからこそ、自分はここまで頑張れてこれたんだなっていう」
    (再び元避難場所にて)
    「避難所の方々や、もうたくさんの人々に本当に支えられて、食料であったり、水であったり、供給してもらえて、」
    (おそらく避難所で最初に世話をしてくれたその学校の先生方に対して)
    「やっぱり自らも被災してて、やっぱり家族とかもすごい心配だったと思いますし…、やっぱり自分のことで大変だったと思うんですけど、でもそれでも僕たちのことを、まず最初に考えてくれて、本当に嬉しかったですね。やばい、泣きそう。(目頭を押さえる)もう一年なんですね。」
    以上です。