アルトゥール・ガチンスキー ロシア選手権2012 ショート演技 (解説:ロシア語)

アルトゥール・ガチンスキー ロシア選手権2012 ショート

2011年ロシアのサランスク(Saransk)で開催されたロシア国内大会「2011-2012ロシアフィギュアスケート選手権(2012 Russian Figure Skating Championships)」、アルトゥール・ガチンスキー
(Artur GACHINSKI)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2012年12月25日
曲名:「セント・ルイス・ブルース」(Saint Louis Blues)

技術点:42.09
構成点:41.43
合計:83.52


『アルトゥール・ガチンスキー ロシア選手権2012 ショート演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (4件)

  • 1
    りか  2011/12/26(月) 15:39:38  ID:bff8008bb

    プルを見た後なので最後までみれませんでした・・・・

  • 2
    si-ma  2011/12/31(土) 12:23:58  ID:18fad2db8

    言っちゃなんだが、センスを疑う・・・
    プルも過去に「・・・?」ってプロが多かったけど・・・キャラ?って思えなくもなかった。
    オリンピックに、バシッと良作決めてくる前振り戦略ならいいんだけど・・・・
    あと・・・ミーシン系の選手、もう少しスケーティング磨いて欲しい・・・・。

  • 3
    くりゆき  2012/01/03(火) 21:41:11  ID:cb1da5bc4

    ラテン系が似合うアモディオや高橋とか、割とお茶目なプルが演るんなら、そう違和感ないかもしれないが、鉄面皮のガチンスキーがやると、逆に吹いてしまうプロ。(色んな意味で)
    でもジワジワとこのビミョーーなプログラムにハマってきています。
    なんか、他の普通に小綺麗なプログラムを演じている選手を観るより、楽しいと思ってしまう私はおかしいのかな?(汗

  • 4
    RISA  2012/01/03(火) 22:47:48  ID:f5fead60d

    とにかくイケメンなので応援しております。
    線の細さが耽美な感じで好きだったのですが名前の通りだんだんとガチになって…いやいやこれは個人の好みの問題ですが・・・
    振り付けの方、いろいろなジャンルを表現しようと頑張っているようですね。
    ガチ君テレがあるのかいまいち自分のものにし切れませんなーー
    なりきって滑っているところが見たいな。
    くりゆきさん、私も楽しかったですよ、このプログラム。