Currently set to Index
Currently set to Follow

高橋大輔 NHK杯2011 エキシビション演技 (解説:イギリス英語)

高橋大輔 NHK杯2011 エキシビション

2011年グランプリシリーズ第4戦、札幌で開催されたNHK杯国際フィギュアスケート競技大会(2011 NHK Trophy)、男子シングル第1位、日本代表-高橋大輔(Daisuke TAKAHASHI)のエキシビション演技の動画です。


Date:2011年11月13日
曲名:エンニオ・モリコーネ  映画『海の上のピアニスト』より「ザ・クライシス」    (The Crisis from The Legend Of 1900 by Ennio Morricone)
アンコール曲名:ペレス・プラード 「ある恋の物語」  ~ 「エル・マンボ」  ~ 「マンボNO.5」 ~ DJデロ 「バトゥカダ」   (Historia de un Amor played by Perez Prado + Que Rico El Mambo by Perez Prado + Mambo No. 5 by Perez Prado + Batucada by DJ Dero)

海の上のピアニスト



B002B5WVSQハバナ午前3時
ペレス・プラード楽団


B004H7VMGIThe Best Of Perez Prado – Mambo Del Politecnico
Perez Prado

北海道札幌市開催 グランプリシリーズ第4戦NHK杯2011(日本大会)の大会情報、出場選手&結果。男子シングルは髙橋大輔が優勝、小塚崇彦2位、町田樹7位。女子シングルは鈴木明子が優勝、浅田真央2位、石川翔子10位。

(イギリス英語)

(ルーマニア語)


(解説なし)

『高橋大輔 NHK杯2011 エキシビション演技 (解説:イギリス英語)』へのコメント (10件)

  • 1
    おげんき  2011/11/14(月) 10:37:47  ID:abf3c8e98

    大ちゃん相変わらず素敵ですねー。ジャンプの回転ずーと早くなってる。凄い。
    このユーロのおじさん完全に大チャンの虜になってますね。
    “一個人のスケーターが、アリーナ全体を、物静かで、穏やかで、又感動的な物を使って支配できるというのは、珍しいことである。この人には、特別の氷上でのカリスマがある。” 等と言っていますよ。
    何はともあれ、優勝おめでとう。ほんとに大ちゃんどこまで行ったしまうのか、ちょっと怖い感じもしますが、今は、クベックの生観戦のことで頭がいっぱいです。
    応援頑張るぞーー。

  • 2
    茶々姫  2011/11/14(月) 12:54:48  ID:39c3cae0f

    昨日何度か振り付けの宮本さんのblogが更新されていました
    「こうゆうのを滑らせたかった」
    それが作品を完成するのはスケーターですが、奥行は多くの方々の手によるものだと改めて感じました

  • 3
    chii  2011/11/14(月) 14:52:31  ID:ee3e1db37

    大輔ファンのユーロのおじさん興奮したのか、いつもの「ダイスキ」が「ダサク」に聞こえてしまいますが・・・
    「氷上の特別なカリスマ」、まさにそのとおりですね!滑りがあまりにも素晴しいので、ジャンプが自然な流れの中にとけこんでいます。作りたてない真の美しさを感じます。

  • 4
     2011/11/14(月) 15:00:02  ID:6d05d1be9

    高橋選手は、やはり観衆を釘付けにする何かを持ってるなあ
    マンボすごい

  • 5
    Akikula  2011/11/14(月) 18:40:09  ID:0bbab6c82

    日本が世界に誇る天才スケーター登場!解説のおじさんはもともとアイスダンスをしていたから、芸術面もしっかり理解できる人です。本当にかっこいい大ちゃん!会場を所有できる、自分のものに出来る唯一のスケーターだって言ってます!

  • 6
    コンチ  2011/11/14(月) 21:16:48  ID:f4308a5d0

    今季のプロは衣装、ヘアスタイルともシンプルイズベスト。
    そしてショート、フリーとも選曲は奇をてらわず 優れたスケーティング技術を最大限に生かせるような原点に帰った選曲となっていますよね。
    特にフリーのブルースは単調だと言う方もいますが 私にとっては最高に渋くてセクシーで、なんて魅惑的な選曲かとしびれっぱなしです。(笑)
    今後 滑るごとに一段とメリハリもつき、もっともっと ネットリ(笑)と 魂を揺さぶるナンバーになるに違いありません!
    …ですが このEXの曲は…。
    単調とか以前に ピアノの音色が不協和音に聞こえてしまうのは 私の耳に音色を理解するセンスがないせいでしょうか??
    振り付けはとっても素敵なのですが…。

  • 7
    Akikula  2011/11/14(月) 22:03:06  ID:b4d72e7a3

    コンチ様、この曲は不協和音に聞こえるようになっているのです。第三番目の音符をわざと2つの音がでるようにピアノの鍵盤をたたいているからです。私も最初は「あれ?」って自分の耳を疑いましたよ!大ちゃんはどんな音にもちゃんと表現ができるスケーターですからね!

  • 8
    コンチ  2011/11/15(火) 08:20:52  ID:4e4152c90

    akikura様
    ありがとうございます。
    「わざと不協和音に…」
    う~ん、やはりそこにこそ大ちゃんと宮ケンさんのメッセージが込められている訳ですね。
    奥が深いですねぇ。
    さすがに私にも 鍵盤のミスタッチではない事は わかっていましたが。(笑)
    好みの問題もありますが、まだまだ大ちゃんのファンとしては未熟ですね。

  • 9
    大吉  2011/11/15(火) 12:51:12  ID:011794150

    あのエキシビ、高橋選手の内面を、演技でなく、体現しているように見えます。
    それが出来る人は、スケート界にはあまり見かけられません
    バレエでいうなら、モダンやコンテンポラリーの世界
    不協和音は、音楽的には不安、落ち着かなさ、漠然とした絶望感などを感じさせますが、完全な不協和音の連続ではなく、静謐でシンプルな旋律に隠れて現れる事で、儚さや、言葉で語る事の出来ない、心の揺らぎが美しく表現されてるな、と感じました
    本当に、高橋選手、どこまで行ってしまうんでしょう? ダンサーですね
    ジャンプも軸が細く早くなって、素晴らしいですが…正直、ジャンプなしに見ても誰よりも見応えがあるように思います
    まさに、スケート界の宝ですね

  • 10
    若葉  2011/11/17(木) 13:43:16  ID:37e4fd385

    わずか4(~5)つの音からなるこの音楽を、こんなにも静謐で美しい空間にしてしまえるなんて!!音楽に助けられる演技ではなくて、高橋選手の演技こそが、一聴、この単純極まりない音楽にハッとするような美しいニューアンスを添えています。ダンスのレッスン成果もあるかな?何の変哲もない白シャツもよくお似合いです。
    静けさの後のマンボ、抜群の組み合わせです!!楽しさ満載。今シーズン、この組み合わせのEXが何度でも見られますように!!