Currently set to Index
Currently set to Follow

トマシュ・ベルネル NHK杯2011 ショート演技 (解説:ロシア語)

トマシュ・ベルネル NHK杯2011 ショート

2011年グランプリシリーズ第4戦、札幌で開催されたNHK杯国際フィギュアスケート競技大会(2011 NHK Trophy)、チェコ代表-トマシュ・ベルネル(Tomas VERNER)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2011年11月12日
曲名:カール・オルフ 『カルミナ・ブラーナ』より (Carmina Burana by Carl Orff)

技術点:29.10
構成点:34.86
減点:1.00
合計:62.96


プレヴィン&ロンドン交響楽団

オルフ / カルミナ・ブラーナ 


北海道札幌市開催 グランプリシリーズ第4戦NHK杯2011(日本大会)の大会情報、出場選手&結果。男子シングルは髙橋大輔が優勝、小塚崇彦2位、町田樹7位。女子シングルは鈴木明子が優勝、浅田真央2位、石川翔子10位。

(ロシア語)

(イギリス英語)

『トマシュ・ベルネル NHK杯2011 ショート演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (1件)

  • 1
    ふななー  2011/11/12(土) 18:28:57  ID:ec7e0e469

    ベルネル~
    決まればベルネルの4回転が一番好みです。
    曲線の体の動きの独特な雰囲気は相変わらずいいですし、
    キスクラのベルネルが相変わらずだった(笑)
    視られて良かったです。
    体痛めて調整不足?