Currently set to Index
Currently set to Follow

デニス・テン NHK杯2010 ショート演技 (解説:なし)

デニス・テン NHK杯2010 ショート

2010年グランプリシリーズ第1戦、愛知県名古屋市の日本ガイシホールで開催されたNHK杯国際フィギュアスケート競技大会、カザブスタン代表-デニス・テン(Denis TEN)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2010年10月23日
曲名:アストル・ピアソラ 「ブエノスアイレスの春」 (Primavera Porteno by Astor Piazzolla)
技術点:35.67
構成点:33.07
合計:68.74

愛知県名古屋市開催 グランプリシリーズ第1戦NHK杯2010(日本大会)の大会情報、出場選手&結果。男子シングルは髙橋大輔が優勝、羽生結弦4位、無良崇人6位。女子シングルはカロリーナ・コストナーが優勝、村上佳菜子3位、浅田真央8位。


『デニス・テン NHK杯2010 ショート演技 (解説:なし)』へのコメント (2件)

  • 1
    茶々姫  2010/10/28(木) 16:53:53  ID:1523e246a

    ランビエールさん振り付けですね
    初めて見たとき、表情が不自然に怖いような、何かを表現されたいとは思いましたが、テン選手には、負担となってしまう部分が多いように見受けました
    テン選手には、元々「かわいい」は似合わないと思っていましたが、今その辺りが手探りでしょうか
    成長期のようですので、まずは怪我なく、頑張ってくださいね

  • 2
    kakarin  2010/10/28(木) 22:15:19  ID:68f51c0b0

    テン君、器用で何でもできちゃうのね。
    でも、まだランビの大人の振付がしっくりきてないみたいで酷だ。
    彼がスカートつけてビールマンした時、フレッシュでエキサイティングだったんだけど。
    それにすごく踊れるし。
    もっと彼の良いところを引き出すプロだったら良かったのに、なんて思ってしまいました。