Currently set to Index
Currently set to Follow

羽生結弦 NHK杯2010 フリー演技 (解説:カナダ英語)

羽生結弦 NHK杯2010 フリー

2010年グランプリシリーズ第1戦、愛知県名古屋市の日本ガイシホールで開催されたNHK杯国際フィギュアスケート競技大会、日本代表-羽生結弦(Yuzuru HANYU)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2010年10月24日
曲名:パブロ・デ・サラサーテ 「ツィゴイネルワイゼン 」 (Zigeunerweisen by Pablo de Sarasate)
技術点:72.57
構成点:65.84
合計:138.41


ラロ:スペイン交響曲 / サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン 他
ビゼンガリエフ (演奏者)、ビゼンガリエフ、サラサーテ (作曲者)、 ラロ


愛知県名古屋市開催 グランプリシリーズ第1戦NHK杯2010(日本大会)の大会情報、出場選手&結果。男子シングルは髙橋大輔が優勝、羽生結弦4位、無良崇人6位。女子シングルはカロリーナ・コストナーが優勝、村上佳菜子3位、浅田真央8位。

(カナダ英語)

(イタリア語)

(ロシア語)

(ロシア語)

『羽生結弦 NHK杯2010 フリー演技 (解説:カナダ英語)』へのコメント (11件)

  • 1
    momo  2010/10/24(日) 21:38:26  ID:b221d0b00

    シニア初参戦ですばらしい演技でした 若干15歳とは思えない4Tに度胸のよさを感じました 日本の3選手全員4T成功 凄いことですね 外国勢が回避する中日本人として誇りに思います 羽生くんのスキルの高さはシニアでも充分戦えることを今回証明できましたね 後半いつものスピード感がなくて、ガンバレあと少しって応援してました まだ細く華奢で少年の身体つきですが、これからのトレーニングでスタミナも段々についてくるでしょう まずは初戦お疲れ様でした 次のロシアも自分の力を出し切って下さい 高橋選手につぐスター誕生で益々男子シングルから目が離せません 応援席の山田まち子先生も感心されたように見えました インタビューの受け答えもしっかりしていて好感度です 

  • 2
    茶々姫  2010/10/24(日) 23:10:13  ID:2c78a886e

    お疲れさまでした
    SPが終わって直ぐに反省会だったそうですが、その効果もあったのかと思うような、羽生選手の世界が拝見できて良かったです
    シニア参戦が決まったときから、フリーの体力を課題とされていましたが、正にそうですね
    それも、フリーのジャッジ構成が今大会ではトップです
    高い目標も羽生選手なら手が届く日も間近かと思います
    色々な意味で、ジョニーデザインの衣装を来れるのも羽生選手ならではですね

  • 3
    小心者  2010/10/25(月) 00:11:23  ID:625559eaf

    4回転凄いですねー。
    柔軟性もあって、これからの成長が楽しみで、トップ選手には脅威でもありますね。
    でも、日本選手はみんな刺激し合って向上していくんだろうな。
    受け答えなどがしっかりしているせいなのか、安心して試合を見られる自分がいます。
    これからまだ身長なども成長されるかと思います、うまく成長していってほしいと思います。

  • 4
    小寅  2010/10/25(月) 12:29:08  ID:749e4c21f

    カーニバル・オン・アイスの時は、転倒後のリカバリーに少々間があったりと、見ていて心配でしたが、それにくらべるとぐっとまとまりましたね!
    4回転もさることながら、3Aの飛距離がすごい!走り幅跳びのようです。
    会場観戦しましたが、スター誕生の瞬間を見た気がしました。

  • 5
    ひょっこり  2010/10/25(月) 14:00:05  ID:b552724af

    羽生さんは物怖じしない度胸のある人ですね
    15歳でシニアデビューして、いきなり4回転ですかあ
    この子は本物やあ~~

  • 6
    そる  2010/10/25(月) 23:12:02  ID:8f57127f7

    お疲れ様でした。
    とても素敵なデビュー戦だったと思います。
    SPの白鳥すばらしかったです。白鳥の飛翔を思わせる見事な3Aでしたね。
    FPは4Tも決めていい滑り出しでしたが、やはり後半ですね。
    ツィゴイネルワイゼンは、正直あまりスケーターを助けてくれる曲ではないように感じますが、体力をつけるための鬼プロととらえていいのかな?
    スピンの入り、チェンジエッジ等、技と技のつなぎをていねいに滑り込んでいってほしいです。
    でも、スケールの大きな15歳ですよね。
    もっともっと表現したい!という気持ちの伝わる演技だと思います。
    このスケール感と勢いはこのまま、もっともっと技を磨いて羽ばたいてほしいです。

  • 7
    xi-vo  2010/10/26(火) 09:05:08  ID:990df2c4f

    羽生くんすばらしいデビュー戦でしたね。4Tは本当に驚きました。
    試合に入れられるほどの四回転を持っているとは知らなかったので
    驚きと嬉しさでいっぱいです。成功おめでとうございます。
    ピンクやヒラヒラを着る選手も最近少ないのでなんかいい。
    それなのにかなり男前な心意気!ジュニアから楽しみな選手だと
    思ってきましたが、シニア参戦でますますおもしろくなってきた。
    全日本は男子も女子も熾烈になりそうですね。

  • 8
    すてき<・・>  2010/10/26(火) 11:23:15  ID:47568f426

    管理人様、おはようございます。
    羽生選手、シニアデビュー戦での4位、おめでとうございます!!
    素晴らしかったです
    このツィゴイネルワイゼンは、本当に衝撃的でした
    エネルギーを発散しまくってハラハラするのに、美しいスピンや長い手足にうっとり見入ってしまい、終盤のやや疲れの見えた時は私も一緒になって疲れちゃいました。
    なんて素晴らしい魅力を持った選手なんだろうあらためて感動しました
    4回転といえば、先の大会で町田選手が決めてたんですよね!!
    一国で複数の選手が4回転を跳べるなんて本当に誇らしいですね
    これからも頑張ってください!応援しています

  • 9
    ヨハン・セバスチャン  2010/10/26(火) 15:06:35  ID:64bd16ed6

    大げさかもしれませんが、日本男子陣は史上最も才能に恵まれた選手を生み出したと思います。
    高難度のジャンプを跳ぶ能力、確かなフットワーク。
    年齢を感じさせない卓越した表現力。そして柔軟性。負けん気の強さ。
    フィギュアスケーターに求められるほぼ全ての資質を持っていると思います。
    この年齢で「ツィゴイネルワイゼン 」を見事に演じ切るとは、
    実に驚嘆すべきことだと思います。
    近い将来、高橋選手をも上回るトップスケーターに育つような気がします。
    まだ線が細いですが、体型の変化に上手く対応し、怪我や故障だけはないように願っています。

  • 10
    fuwatt  2010/10/28(木) 12:09:31  ID:9841ff6db

    すごい才能が出てきたなと驚愕しました。サラサーテの「ツィゴイネルワイゼン」、大好きな曲ですが、中盤からどんどん音のリズムやテンションが上がっていって、ほんとに滑りきるのは大変な曲。
    例えばアモディオ選手なんかは、モロゾフ先生の手腕といったところでしょうか、上手にお休み箇所をいっぱい作って、しかもエスプリのきいた表現で飽きさせないようにして、エレメンツを確実にこなせる体力を終盤まで温存できるように工夫されている……さすがに策士だなあと感服しました。(これはこれで楽しくて好きですけど。)それでも最後の2Aがシングルになりました。
    この羽生選手のフリーは、それとは対照的に、全くお休みする箇所がない、しかも終盤にはどんどんリズムが早くなるという鬼のような構成。ジュニアから上がったばかりでこんな難プロ……ある意味凄すぎです……これを表現しきるには超絶な体力が必要だと思います。
    そんな中で、4回転をかくも美しく決め、2本のトリプルアクセル、しかも2本目は中盤での3A+3Tをばっちり決めてくる。これはここ数年、いろんなトップ選手が試みてもなかなかできなかったこと。線の細い肢体で回るスピンも美しいし、柔軟性もあり、これで終盤への体力がついてきたら、すごいことになっちゃう気が!ルックスも文句なしの美少年ですし、いや~、一気にファンから大ファンになってしまいましたわ!!

  • 11
    茶々姫  2010/10/29(金) 00:18:55  ID:33ff9a469

    4Tも入りが大変工夫されていますが、ご自身で点数計算をしながら振り付けに加わられていらっしゃるのでしたね
    カナダCBC解説をニコ動で拝見しました
    …解説のカートさんもお気に入りのご様子で、野球帽をかぶったやんちゃな子だとおっしゃっていました…どちらかでご縁があったようですね