Currently set to Index
Currently set to Follow

鈴木明子 グランプリファイナル2009 フリー演技 (解説:ロシア語)

鈴木明子 グランプリファイナル2009 フリー

2009年東京の国立代々木競技場第一体育館で開催されたグランプリファイナル2009(2009-2010 ISU Grand Prix final)、日本代表-鈴木明子(Akiko SUZUKI)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2009年12月5日
曲名:レナード・バーンスタイン ミュージカル『ウエストサイド物語』よりBarenboim Conducts Bernstein, Gershwin, Ravel and Wagner - Chicago Symphony Orchestra & Daniel Barenboim (West Side Story by Leonard Bernstein)
技術点:63.58
構成点:52.88
合計:116.46

ガーシュウィン:キューバ序曲、バーンスタイン:ウエスト・サイド・ストーリーより 他


東京開催、ISUグランプリファイナル2009の出場選手&日程、結果。女子シングルはキム・ヨナが優勝、安藤美姫2位、鈴木明子3位。男子シングルはエヴァン・ライサチェクが優勝、織田信成2位、高橋大輔5位。

(ロシア語)

(ロシア語)

(解説なし)

(アメリカ英語)

『鈴木明子 グランプリファイナル2009 フリー演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (104件)

  • 101
    ぺこちゃん  2009/12/12(土) 18:14:49  ID:186cdf66f

    大阪のおばちゃんさんが書かれているように、このプログラムは、この表現で、最高です。彼女にしか伝えられないイメージがあります。本当に先シーズンの全日本だったかで、あっこちゃんが、復活してあの時もすごい演技を見せてくれたけど、これは完全にそれをもっと上回っています。あっこちゃんありがとう。バンクーバーへ行ってほしいです。日本代表として。
    忘れられないプログラムになりましたね。

  • 102
    ん~~?  2009/12/16(水) 14:01:49  ID:b18e96dd7

    繋ぎが薄すぎませんか??だそのせいで演技構成点が低いですね。
    原因は多分ジャンプの助走にかける時間と、
    コンビネーションより時間を要するジャンプシークエンスを
    二つも入れてることでしょうね。
    フィギュアって感じが見ててしません。
    それは素人から見たらノーミスのすばらしい演技かもしれませんが、
    これはフィギュアでなく、「スケートジャンプ」
    演技構成点が低いと言ってるかたがいらっしゃるようですが、
    これでもかなり出してもらったほうでは?
    パフォーマンスとスケーティングスキル以外は5点台でもいいぐらいです。
    こんなんで点が出ちゃったら、
    わざわざ繋ぎを濃くしてる選手が馬鹿みたいですね。
    繋ぎを濃くしてジャンプが決まらないのも駄目でしょうけど。

  • 103
    ダ~  2009/12/17(木) 20:23:07  ID:ee0558f8f

    >>103
    そういうあんたも素人だろうが。意図のない振り付けやっても仕方ないし、プロも休む部分はほとんどなく、流れも途切れなかった。

  • 104
    ティーカップ  2009/12/17(木) 21:22:33  ID:36258e425

    >>104
    「ん~~?」さんのコメントには賛同できかねますが、
    「ダ~」さん、振り付けと繋ぎは違いますよ~。
    繋ぎとは有名なのをあげればイナバウアーなり、イーグルなり、
    足元関係のことです。