Currently set to Index
Currently set to Follow

安藤美姫 グランプリファイナル2009 ショート演技 (解説:日本語・ロシア語)

安藤美姫 グランプリファイナル2009 ショート

2009年東京の国立代々木競技場第一体育館で開催されたグランプリファイナル2009(2009-2010 ISU Grand Prix final)、日本代表-安藤美姫(Miki ANDO)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2009年12月3日
曲名:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト 「レクイエム ニ短調」  (Requiem Mass in D minor (K. 626) by Wolfgang Amadeus Mozart)
技術点:35.60
構成点:30.60
合計:66.20

B00BV4DNEESacred Music – A Prayer for the Pope
Hieronym Baltazar, Maciej Korczaky KPM Philharmonic Orchestra

東京開催、ISUグランプリファイナル2009の出場選手&日程、結果。女子シングルはキム・ヨナが優勝、安藤美姫2位、鈴木明子3位。男子シングルはエヴァン・ライサチェクが優勝、織田信成2位、高橋大輔5位。


(日本語)

(ロシア語)

(ロシア語)

(ロシア語)

『安藤美姫 グランプリファイナル2009 ショート演技 (解説:日本語・ロシア語)』へのコメント (102件)

  • 101
    きんちゃん  2009/12/05(土) 21:33:07  ID:332b610fc

    みきさん、オリンピックおめでとうございます
    わたし、怖くて見れませんでした。私が見ると、いつも良くないことが起こるので。皆さん、良かったら、観客やジャッジの様子等、教えてください。

  • 102
    くままる  2009/12/05(土) 21:35:52  ID:076303abd

    101. たちさま
    美姫選手の明るい顔、うれしかったですよねー。
    あれで、なんで? 二位なの? 変なの! 
    とふてくされていた気持ちがおさまりました。
    美姫選手は感謝の笑顔と自分への不満を分けて
    対応できるようになりましたね。
    ハグのときにぎこちなかったのは、
    最終演技者の疲れと、自分への課題で頭がいっぱいのところに、
    おめでとうと言われて、
    相手が関係者であれば、ファンのおめでとうとは違って、
    素直に受け容れづらかったのではないかと思っています。
    え? ハグ? こんなわたしにですか? という感じで。
    もっと自信を持ってくれたら、クレオパトラもレクイエムも、
    絶対のプロに仕上がるのでしょうね。
    いい意味で、殿の能天気さを享受してほしいですね。