Currently set to No Index
Currently set to No Follow

エヴァン・ライザチェク 世界選手権2006 エキシビション演技 (解説:アメリカ英語)

エヴァン・ライザチェク 世界選手権2006 エキシビション

2006年カナダのカルガリー(Calgary)で開催された2006年世界フィギュアスケート選手権
(2006 World Figure Skating Championships) 、男子シングル第3位-アメリカ代表-エヴァン・ライザチェク
(Evan LYSACEK )のエキシビション演技の動画です。映像はアメリカESPNで放送されたものです。実況は、テリー・ガノン(Terry Gannon)、ペギー・フレミング(Peggy Fleming)、カート・ブラウニング(Kurt Browning)です。


Date:2006年3月26日
曲名:サラ・ブライトマン/アンドレア・ボチェッリ 「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」Time to Say Goodbye (Con Te Partiro) - Sarah Brightman - Time to Say Goodbye  (Time to say Goodbye by Sarah Brightman/Andrea Bocelli)

B000002SMWTime to Say Goodbye
Sarah Brightman

カナダ・カルガリー開催、2006年世界フィギュアスケート選手権の大会情報、出場選手&結果。女子シングルはキミー・マイズナー(米国)が優勝、村主章枝2位、中野友加里5位、恩田美栄11位。男子シングルはステファン・ランビエール(スイス)が優勝、織田信成4位

『エヴァン・ライザチェク 世界選手権2006 エキシビション演技 (解説:アメリカ英語)』へのコメント (1件)

  • 1
    sachi  2009/05/28(木) 13:49:45  ID:59bffbdbe

     管理人さま、アップありがとうございます。
    この時で3位、、。きれいな滑りですね。
    この選手の演技は好きです。気のせいなのかもしれませんが、
    どんなプログラムでも、なにかしらこの方の謙虚さを感じる。。