Currently set to Index
Currently set to Follow

ラウラ・レピスト NHK杯2008 フリー演技 (解説:イギリス英語)

ラウラ・レピスト NHK杯2008 フリー

2008年グランプリシリーズ第6戦年、東京代々木第1体育館で開催されたNHK杯国際フィギュアスケート競技大会(NHK Trophy)、フィンランド代表-ラウラ・レピスト(Laura LEPISTO)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2008年11月29日
曲名:マイケル・ケイメン 映画「ドンファン」より  (Don Juan DeMarco soundtrack by Michael Kamen)

技術点:47.19
構成点:53.52
減点:1.00
合計:99.71

B00BHVFD5IDon Juan Demarco (Soundtrack)
Multi Interprètes

東京開催 グランプリシリーズ第6戦NHK杯2008(日本大会)の大会情報、出場選手&結果。男子シングルは織田信成が優勝、無良崇人5 位、南里康晴8位、女子シングルは浅田真央が優勝、鈴木明子2位、中野友加里3位。

(イギリス英語)

(イギリス英語)

(イギリス英語)

(ロシア語)

『ラウラ・レピスト NHK杯2008 フリー演技 (解説:イギリス英語)』へのコメント (1件)

  • 1
    sachi  2008/12/05(金) 15:13:00  ID:586c70018

    レピストさん、確か昨シーズン、どこかの大会のSPで1位になったけどFPで順位を大きく落としていたように記憶してます。
    今年はフリーは最後までスピードが落ちずにきっちり滑りきりましたね。なんかすごく成長したんではないだろうか。
    う~ん、でもまたしても3T-3Tが2T-3Tに変更になってしまいました。残念!
    最後のサルコーが1回転になってしまったけれど、この厳しいNHK杯のジャッジの中で回転不足を取られてないのは印象的です!
    3Loは転んじゃいましたが回転不足ではなくて良かった。
    同じ転ぶのでも回転不足を取られるのと取られないのじゃ点がまるで違うから不思議です。。。ついつい他の選手の回転不足も心配になって見てしまいますね。いかんいかん。。
    イギリスの解説者はそれでもレピストさんのは3回転が4個しかないって言ってます。それに対して鈴木明子は3回転が6個、中野は5個入ってるって。鈴木さんのセカンドジャンプの3回転は勘定に入れないのか、回転不足で3回転とみなしてないのか、ちょっと詳しくはわかりませんが。なる程、そういう見方もあるんですね。