セルゲイ・ボロノフ 世界ジュニア選手権2006 フリー演技 (解説:なし)

セルゲイ・ボロノフ 世界ジュニア選手権2006 フリー

2006年スロベニアのリュブリャナ(Ljubljana)で開催された世界ジュニアフィギュアスケート選手権(2006 World Junior Figure Skating Championships)、ロシア代表-セルゲイ・ボロノフ
(Sergei Voronov)のフリースケーティング演技の動画です。映像はJ Sportsで放送されたものです。


Date:2006年3月11日
曲名:The Phantom of the Opera on Ice by Robert Danova

技術点:60.82
構成点:54.44
合計:115.26

スロベニア・リュブリャナ(Ljubljana)開催、2006年世界ジュニアフィギュアスケート選手権の大会情報、出場選手、結果、動画リンク。女子シングルは金妍兒「キム・ヨナ](韓国)が優勝、浅田真央2位、武田奈也4位、澤田亜紀5位。男子シングルは小塚崇彦が優勝、無良崇人5位、柴田嶺12位。

『セルゲイ・ボロノフ 世界ジュニア選手権2006 フリー演技 (解説:なし)』へのコメント (1件)

  • 1
    髭無し  2018/10/14(日) 11:18:20  ID:252b16820

    18歳のヴォロノフ

    スケーティング、ジャンプに入る前や着地の動作の個性、これは歳をとっても変わる事は無いんだな~、持って生まれた癖や特徴は成長しても消える事は無いんだな~、と皆さんのをみていてそう思う。ヴォロノフも映像が見にくくても動きの特徴でヴォロノフだと分かりますよねー。

    2006年世界ジュニア2位、ウルマノフと大喜び。