Currently set to Index
Currently set to Follow

浅田真央 世界ジュニア選手権2006 ショート演技 (解説:日本語)

浅田真央 世界ジュニア選手権2006 ショート

2006年スロベニアのリュブリャナ(Ljubljana)で開催された世界ジュニアフィギュアスケート選手権(2006 World Junior Figure Skating Championships)、日本代表-の浅田真央(Mao ASADA)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2006年3月7日
曲名:ジョルジュ・ビゼー 歌劇「カルメン」より ビゼー: 「アルルの女」組曲第1番,第2番/「カルメン」組曲第1番,第2番 - Slovak Philharmonic Orchestra & Anthony Bramall (Carmen by Georges Bizet)
技術点:30.89
構成点:25.21
合計:56.10

B001RRX3CWビゼー:<アルルの女><カルメン>組曲
ビゼー モントリオール交響楽団 デュトワ(シャルル)

スロベニア・リュブリャナ(Ljubljana)開催、2006年世界ジュニアフィギュアスケート選手権の大会情報、出場選手、結果、動画リンク。女子シングルは金妍兒「キム・ヨナ](韓国)が優勝、浅田真央2位、武田奈也4位、澤田亜紀5位。男子シングルは小塚崇彦が優勝、無良崇人5位、柴田嶺12位。

(アメリカ英語)

(日本語)

(日本語)

『浅田真央 世界ジュニア選手権2006 ショート演技 (解説:日本語)』へのコメント (1件)

  • 1
    べネディック  2009/03/21(土) 21:50:35  ID:cd0d2b5a2

    「真央らしく」の中の印象的な箇所の一つ、
    「振り付けの印象や演技構成の順番を入れ替えしてシーズンを乗り切る選手が多い中で、彼女は別世界にいる。難しいジャンプを跳びたくて、うずうずしている」
    世界ジュニア選手権2006年のSPは、この文章を彷彿とさせます。なんと3A-2Loを跳ぶ予定だったんですね。今の3A-2Tよりも難易度が上!驚きました。 残念ながら後半が1Loになってしまいましたが、やっぱり「別世界」にいます。
    これまでの本でも述べられていましたが、真央選手にとって3Aは生命線。優勝した2008年の世界選手権でも、3Aを失敗したことを非常に悔やんでいました。
    このような経緯と弛まぬ努力が今日の、3Aと3A-3Tの2回成功につながっていることが改めて分りました。4Loや4Tの練習もしていたそうですが、「難しいジャンプを跳びたくてうずうずしている」真央選手は、いずれ国際大会で試みるのでしょうか。これだから私はハラハラしながらも、真央選手にどんどん魅了されてしまいます。
    解説者が「ISU主催の国際大会でのSPで、3Aは初めての成功」と言っていましたが、伊藤みどりさんがSPで跳んだのは、ISU主催の大会ではなかったんですね。