Currently set to No Index
Currently set to No Follow

ジェフリー・バトル 世界選手権2008 ショート演技 (解説:イギリス英語)

ジェフリー・バトル  世界選手権2008 ショート

2008年スウェーデンのヨーテボリ(Gothenburg)で開催された世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships)、カナダ代表ジェフリー・バトル(Jeffrey Buttle)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2008年3月21日
曲名:アストル・ピアソラ 「アディオス・ノニーノ(さらばノニーノ)」  (Adios Nonino by Astor Piazzolla)
技術点:44.07
構成点:38.03
合計:82.10

男子シングル・ショート得点詳細(英語)
男子シングル・ショートジャッジスコア(英語)
男子シングル総合結果(英語)

Asfalto: Street TangoAsfalto: Street Tango
Pablo Ziegler

スウェーデン・ヨーテボリ開催、2013年世界フィギュアスケート選手権の大会情報、出場選手&結果。女子シングルは浅田真央が優勝、中野友加里4位。男子シングルはジェフリー・バトル(カナダ)が優勝、高橋大輔4位、小塚崇彦8位、南里康晴19位。*安藤美姫はFS途中棄権

(イギリス英語)

(イギリス英語)

(スペイン語)

(日本語)

(解説なし)

(解説なし)

『ジェフリー・バトル 世界選手権2008 ショート演技 (解説:イギリス英語)』へのコメント (4件)

  • 1
    Buttle  2010/04/28(水) 10:05:43  ID:c1b143081

    わっ本田さん解説の演技、久しぶりに見ました~。
    このステップ、神ががってますよねー。このステップが一番好き。
    ピアノ曲にここまで合わせられるのは彼だけだ。
    ホント顔も美しいけど(笑)、足元キレイすぎる・・・・
    今ならもっと高得点が出そう・・・・・・。
    あーもうー。大好きです
    私の中でジェフを超えるスケーターはあらわれないな。きっと。

  • 2
    sabu  2010/04/28(水) 12:42:42  ID:c9c0cfdd5

    Buttleさまに誘われて、見に来ました。すべてが本当に美しいですね
    今回、気づきましたが、この音楽、今年のレピスト選手のフリーの音楽と同じなんですね。アレンジによって、雰囲気がかなり違いますが、どちらも、透明感があって、流れるように滑っていくところが、たまらなく好きです。
     また、必ず見にきます。

  • 3
    Buttle  2010/04/28(水) 22:45:41  ID:9df67efaf

    sabu様 お久しぶりです
    この曲、レピスト選手も使ってたんですね。全然知りませんでした
    女子の方が注目度は高いですが、男子は個性豊かな選手が多くて来シーズンも楽しみですね
    私もミハル君がイチ押しなので頑張ってほしいです

  • 4
    たんぽぽ  2020/12/22(火) 10:36:05  ID:27a424247

    ジェフリー・バトル FP
    「アララトの聖母」

    聖なる山アララトの麓で起きたアルメニア人虐殺の悲劇と
    現代の親子のエピソードを交錯させて描いたドラマ
    曲選びや振り付けはフィギュアスケートの命綱
    鋭いエッジワークと細やかなスピン・ステップ
    そして音楽との調和
    終盤のステップは会場から手拍子が自然とわきあがる

    ラストのジャンプは意地でも降りる
    執念で着氷!
    全て決めた!!
    音楽とともに会場のボルテージが一気にあがる
    ラストはスピン

    ジャンプ構成はさほど高難度ではなかったが
    完成度の高さで優勝

    気持ちの弱さを克服するためメンタルトレーナーもつけていた
    トップオブトップの選手達の
    並々ならぬ汗と努力と涙の結晶の舞台

    最高のパフォーマンスをみせた