ケヴィン・レイノルズ  世界ジュニア選手権2007 フリー演技 (解説:日本語)

ケヴィン・レイノルズ  世界ジュニア選手権2007 フリー

2007年ドイツのオーベストドルフ(Oberstdorf)で開催された世界ジュニアフィギュアスケート選手権(World Junior Figure Skating Championships)、カナダ代表-ケヴィン・レイノルズ
(Kevin REYNOLDS)のフリースケーティング演技の動画です。映像はJSPORTSで放送されたものです。実況はフリーアナウンサーの小林千鶴、解説は樋口豊です。

四回転サルコウと四回転トゥループに挑戦します。


日時:2007年3月1日
曲名: Let’s Dance by Stone and Bonin ~ 
Harlem Nodvie by Earle Hagin ~ 
We’ll Get It by SY Oliver 
技術点:66.14
構成点:53.66
減点:1
合計:118.80

男子Jrシングル・フリー得点詳細(英語)
男子Jrシングル・フリージャッジスコア(英語)
男子シングル総合結果(英語)

ドイツ・オーバストドルフ(Oberstdorf)開催、2007年世界ジュニアフィギュアスケート選手権の大会情報、出場選手、結果、動画リンク。女子シングルはキャロライン・ジャン(アメリカ)が優勝、水津瑠美5位、武田奈也9位、村元小月11位。男子シングルはステファン・キャリエール(アメリカ)が優勝、 無良崇人8位、町田樹9位。

『ケヴィン・レイノルズ  世界ジュニア選手権2007 フリー演技 (解説:日本語)』へのコメント (1件)

  • 1
    のっぽさん  2018/10/13(土) 14:53:46  ID:af0655281

    おお、16歳のレイノルズ、ピノキオみたいでとても可愛い。4回転への挑戦は既に始まっていたんですね。ただ、確かにエッジが立っている事が多かったのかな。エマニュエル・サンデュに憧れていたのか、なるほど。

    リンクは先日ドイツでネーベルホルン杯が行われたとこかなな。日本の広告が貼られている、、、日本男子は無良くんが8位で町田くんが9位か。女子は誰が出たんだろう。