Currently set to Index
Currently set to Follow

高橋大輔 グランプリファイナル2007 ショート演技 (解説:なし)

高橋大輔 グランプリファイナル07 SP

2007年イタリアのトリノ(Torino)で開催されたISUフィギュアスケートグランプリファイナル、高橋大輔(Daisuke TAKAHASHI)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2007年12月14日
曲名:白鳥の湖 (Swan Lake by Pyotr-Ilyich Tchaikovsky)
技術点:44.50
構成点:39.70
合計:84.20

男子シングル・ショート得点詳細(英語)
男子シングル・ショートジャッジスコア(英語)
男子シングル総合結果(英語)

ヒップホップ調にアレンジされた「白鳥の湖」に乗って、高橋が本場ニューヨーク仕込みのダンスで激しく、セクシーに全身を動かし、ステップを刻み始めると、場内から手拍子と若い女性の黄色い声が上がった。

「すごく乗ってもらえてうれしかった」と高橋。独特の緊張感と時差の影響で、リンクに大きな円を描いた後の直線ステップはやや息切れした。「自分自身には納得していない」と厳しかったが、フィギュア界では斬新といえる演技で表現力などを評価する項目でも振り付けと曲の解釈で8点台の高得点。4回転ジャンプを控えながら、4回転を決めた世界選手権2連覇の経験を持つランビエルを0.4点差ながら2位に従えた。
 首位で迎える自由も、SPに続いて最終滑走。かつては精神的な弱さを露呈することもあった21歳だが、今は違う。「結果的に首位なだけ。勝負はあした。できる限りのことをやりたい」。自由では4回転にも挑み、日本男子初の頂点を狙う。

(時事ドットコムより)


(解説なし)

『高橋大輔 グランプリファイナル2007 ショート演技 (解説:なし)』へのコメント (1件)

  • 1
    dhrohf2  2009/01/31(土) 19:04:07  ID:11bfa9485

    この白鳥の湖 (Swan Lake)は歴史に残る素晴らしいプログラムですね。
    また見たいです♪
    そして来シーズンの高橋選手の復活に期待します。