鍵山優真 JGPクールシュヴェル2019 ショート演技 (解説:英語)

ジュニアグランプリシリーズ第1戦、フランス・クールシュヴェル(Courchevel)のLe Forumで開催された国際競技会「JGPリガ杯2019(ISU Junior Grand Prix of Figure Skating – Grand Prix de Courchevel)」、日本代表-鍵山優真(Yuma KAGIYAMA)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2019年8月22日
曲名: 千住明  ドラマ『砂の器(2004年)』よりピアノ協奏曲「宿命」  (Piano Concerto “Fate” (from “Soho Crime”) by Akira Senju)
技術点:43.94
構成点:36.67
合計:80.61

「砂の器」オリジナル・サウンドトラック
千住明

フランス・クールシュヴェル開催、JGPS第1戦クールシュヴェル2019の出場選手・日程・結果・動画リンク。男子シングルは鍵山優真が優勝。女子シングルはカミラ・ワリエワが優勝、荒木菜那4位、川畑和愛5位。

『鍵山優真 JGPクールシュヴェル2019 ショート演技 (解説:英語)』へのコメント (2件)

  • 1
    ほし  2019/09/12(木) 11:45:41  ID:3a497e2d9

    鍵山君ショートで80点超え凄いです。点数が出た時の驚き方に
    和みました。次は第5戦にインしてますね、楽しみにしてます。

  • 2
    pochabara  2019/09/12(木) 12:11:56  ID:a38db66c3

    美しい滑り!
    成長が楽しみなスケーターのひとりです。あと2年後、北京の有力候補になる可能性大かも?
    川原星さんがこの曲で滑っていたことを思い出し、懐かしくなりました。
    良い選曲だと思います。