山田耕新  全日本選手権2018 ショート演技 (解説:日本語)

大阪府門真市の東和薬品RACTABドーム(大阪府立門真スポーツセンター)で開催された国内競技会「第87回全日本フィギュアスケート選手権大会(2018–19 Japan Figure Skating Championships)」、山田耕新 (KOSHIN YAMADA)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年12月22日
曲名:ゲイリー・ムーア 「The Blues Is Alright」  (The Blues Is Alright by Gary Moore)
技術点:30.32
構成点:29.81
合計:60.13

大阪府門真市開催、第87回全日本フィギュアスケート選手権(2018年)の出場選手、日程&結果&動画リンク。男子シングルは宇野昌磨が3連覇達成、女子シングルは坂本花織が初優勝。*羽生結弦は右足首負傷で欠場.。

(インタビュー)

『山田耕新  全日本選手権2018 ショート演技 (解説:日本語)』へのコメント (3件)

  • 1
     2018/12/22(土) 18:46:03  ID:acbcc17fc

     毎年、ありがとう。格好よかったです、今年も。あなたの動画にコメントできるのは光栄ですよ。

  • 2
    える  2018/12/22(土) 23:43:13  ID:143c84aa7

    平日はお仕事、週末はスケートと、厳しい環境の中でも現役選手として競技を続けてくれてありがとう。耕新くんの演技を見てると勇気もらえて元気がでます。限られた練習でもこれだけまとめてすごい。この曲もノリノリでカッコよかった〜‼︎フリーも楽しみにしてます。

  • 3
    Da Capo  2018/12/23(日) 00:23:04  ID:6dd8262a7

    山田耕新選手、ホントにカッコイイ!
    スケートが好きだという気持ちが 溢れ出てくるような演技でした。

    社会人として銀行勤めしながら 毎年全日本に出場するって、どれだけ凄いことか…実業団のスポーツでやっているのとは ワケが違いますものね。

    StSq良かったなぁ〜♪こういうのは、獲得レベルの問題じゃないんですよね。

    どうか FSも湧かせて下さいね(^^
    そして 来年もまたこの舞台に立つ耕新選手を応援したいです。