新田谷凜 全日本選手権2018 ショート演技 (解説:日本語)

大阪府門真市の東和薬品RACTABドーム(大阪府立門真スポーツセンター)で開催された国内競技会「第87回全日本フィギュアスケート選手権大会(2018–19 Japan Figure Skating Championships)」、新田谷凜 (Rin NITAYA)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年12月21日
曲名:映画『オネーギンの恋文』より「The Devil’s Trill 」~ジュゼッペ・タルティーニ ヴァイオリン・ソナタ ト短調「悪魔のトリル」~ 映画『オネーギンの恋文』より「St. Petersburg Polonaise」 (Violin Sonata in G minor by Giuseppe Tartini + St. Petersburg Polonaise by Parley Of Instruments)
技術点:19.50
構成点:25.31
合計:44.81

Onegin (Original Motion Picture Soundtrack)
MAGNUS FIENNES

大阪府門真市開催、第87回全日本フィギュアスケート選手権(2018年)の出場選手、日程&結果&動画リンク。男子シングルは宇野昌磨が3連覇達成、女子シングルは坂本花織が初優勝。*羽生結弦は右足首負傷で欠場.。

(インタビュー)

『新田谷凜 全日本選手権2018 ショート演技 (解説:日本語)』へのコメント (2件)

  • 1
     2018/12/21(金) 19:17:30  ID:c29996314

     え~~い、サプライズを内心期待してたので、、、残念!。けど、滑りのノーブルさは一級品でした、相変わらず。インカレ、応援するからね!。

  • 2
    Ryu  2018/12/21(金) 21:04:39  ID:35683e500

    インタビューでも言ってたけど怪我の影響で思うような練習ができてなかったのかな?
    しかし最初のサルコウは美しかったです✨
    何よりも衣装が素敵。ちらっと見える虹色が好きですよ( ¨̮ )