ブレイディ・テネル ゴールデンスピン2018 ショート演技 (解説:なし)

チャレンジャーシリーズ第10戦、クロアチアのザグレブ(ZAGREB)で開催された国際競技会「2018年ゴールデンスピン(2018 CS Golden Spin of Zagreb)」、アメリカ代表-ブレイディ・テネル(Bradie TENNELL)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年12月07日
曲名:Rebirth by Hi-Finesse 
技術点:40.22
構成点:31.28
合計:71.50

Hits, Vol. 1
Hi-Finesse


『ブレイディ・テネル ゴールデンスピン2018 ショート演技 (解説:なし)』へのコメント (1件)

  • 1
    R  2018/12/08(土) 11:02:29  ID:f88d0bb0a

    テネル選手はコストナーを思わせる優れた表現力と、緻密なジャンプを持ち合わせた選手だと思います。今後PCSは徐々に上がっていくと思うし、今迄彼女の表現力が過小評価され過ぎだと思う。ショートのコンビは3Lz+3Tに変更して正解ですね。セカンドに3Loを持ってくるとURを取られてGOEも原点される可能性が高いことを思うと。全米、4大陸?ワールド楽しみにしてます。