青木祐奈 全日本ジュニア選手権2018 フリー演技 (解説:日本語)

福岡県福岡市のアクシオン福岡で開催された国内競技会「JOCジュニアオリンピックカップ大会 第87回全日本ジュニア選手権大会」、青木祐奈(Yuna AOKI)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2018年11月25日
曲名:エドヴァルド・グリーグ 「ピアノ協奏曲イ短調作品16」  (Piano Concerto in A minor by Edvard Grieg)
技術点:51.15
構成点:50.96
合計:102.11

3大ピアノ協奏曲


『青木祐奈 全日本ジュニア選手権2018 フリー演技 (解説:日本語)』へのコメント (3件)

  • 1
    銀杏  2018/11/26(月) 16:40:27  ID:2fd15ac62

    所作が美しく、ジャンプの回転が早い。
    一目で才能があるとわかります。
    体型変化が落ち着いて、
    ジャンプが決まってくれば、一気に上位にかけ上がれる選手。
    地道にコツコツやっていれば、必ず成果はあらわれます。
    セカンドトーも良くなってますね。
    自分を信じて、頑張って下さい。

  • 2
    S  2018/11/26(月) 19:42:04  ID:8be90f10c

     現在順位が出たときは、6位以内は厳しいかな、と正直思いました。全日本で真凛と再会だね。仲良しの川畑と一緒というのもうれしいことでしょう。
     今後のスケート人生を考えたら、セカンド3Tはやはり習得したほうがいいとは思います。けど、その3連ジャンプを鉄板に出来るのなら、国際試合でもう一度戦うことはできる。
     ここ数シーズン、苦しんだ。とにかく全日本は楽しんで。
     

  • 3
    ジャガミカン  2018/11/26(月) 23:43:25  ID:09d9b2c94

    やっぱり華がありますよね。
    別に贔屓目で見ているわけじゃなくて、才能あるようにしか見えないです。
    スケーティングやスピンなんか一流目前という感じで、もうちょっと点数もらえても良いと思うんですけどね。
    あとはジャンプですよね。
    2A-1Eu-3Fは素晴らしいですね。
    なんかジャンプがすごく横移動するようになったけど、そういう点では3-1-3や2A-1-3を入れるのは良いかもしれないですね。
    セカンド3Tは高く飛べないと、ほぼ間違いなく回転不足取られますからね。
    あと祐奈ちゃんにはこういう曲合いますよね。オーソドックスな選曲が祐奈ちゃんの優雅なスケートのタイプとマッチしてます。
    大活躍まであとちょっとのところまで来ているので、全日本ではさらに良い演技を期待しています。