ロリーヌ・ルカヴァリエ フランス国際2018 ショート演技 (解説:イギリス英語)

2018年グランプリシリーズ第6戦、フランスのグルノーブル(Grenoble)で開催された国際競技会「フランス国際2018(ISU Grand Prix of Figure Skating Internationaux de France 2018)」、フランス代表-ロリーヌ・ルカヴァリエ(Laurine LECAVELIER)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年11月23日
曲名:マルクス・ヴィアナ 「Maktub」  (Maktub by Marcus Viana) 

技術点:23.55
構成点:28.11
合計:51.66

Maktub (Trilhas e Temas de “O Clone”)
Marcus Viana

フランス・グルノーブル開催 ISUグランプリシリーズ第6戦 フランス国際2018(フランス大会)の出場選手、日程、結果。女子シングルは紀平梨花が優勝、三原舞依2位、本田真凜6位。男子シングルはネイサン・チェンが優勝、田中刑事8位。

(イギリス英語)

(スペイン語)

『ロリーヌ・ルカヴァリエ フランス国際2018 ショート演技 (解説:イギリス英語)』へのコメント (2件)

  • 1
     2018/11/24(土) 12:57:01  ID:d56ac52ec

    回転不足対策はコーリさんじゃ無理そうです。
    代表争いが大変なんですね

  • 2
    らくだ  2018/11/24(土) 15:38:21  ID:06df18123

    最初のジャンプに入る時の手つきがリーザに似てる~
    ・・・と思ったけどジャンプが残念でした。
    でも、このプログラムは結構楽しめました。
    ステップに入る時の笑顔も可愛くて、、何せ応援が流石に凄い。
    本当に、、フランス女子の代表争いは大変そう。。。