ルーク・マイヤーホーファー アルペン杯2018 フリー演技 (解説:英語)

チャレンジャーシリーズ第8戦、オーストリアのインスブルック(Innsbruck )で開催された「アルペン杯2018(2018年インゲソーラーメモリアル-アルペントロフィー|CS Inge Solar Memorial – Alpen Trophy 2018 )」、オーストリア代表-ルーク・マイヤーホーファー(Luc MAIERHOFER)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2018年11月15日
曲名:「この素晴らしき世界」~「 Jump, Jive, an’ Wail」 (What A Wonderful World by OneRepublic + Jump, Jive, An’ Wail by Louis Prima )
技術点:66.57
構成点:65.40
合計:131.97


『ルーク・マイヤーホーファー アルペン杯2018 フリー演技 (解説:英語)』へのコメント (1件)

  • 1
    Wonderful  2018/11/16(金) 14:10:07  ID:1c6816ba4

    ルークくんの演技を楽しみにしていました。
    ショート7位もフリー2位も他の上位の選手の様に4回転も3Aもやりませんがどちらもノーミス演技で、総合では3位4位との僅差での5位でした。マッテオ・リッツォくんの様なタイプかな。

    ショートのプログラムの演技も上手
    https://www.youtube.com/watch?v=lYLwjHmW_C8

    フリーの点数が出た時にコーチと共に喜ぶ姿も見ていて嬉しくなります。
    ショートのキスクラで音楽に合わせて自然と身体が動き出すところも踊り上手なルークくんらしさかも。