スティーブン・ゴゴレフ JGPカナダ2018 ショート演技 (解説:英語)

2018年ジュニアグランプリシリーズ第4戦、カナダのブリティッシュコロンビア州リッチモンド(Richmond, BC)で開催された「JGPカナダ2018(ISU Junior Grand Prix of Figure Skating Canada 2018)」、カナダ代表-スティーブン・ゴゴレフ(Stephen GOGOLEV)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年9月13日
曲名:ウッドキッド 「ラン・ボーイ・ラン」 (Run Boy Run by Yoann Lemoine performed by Woodkid)
技術点:33.10
構成点:31.53
減点:1.00
合計:63.63

Run Boy Run (EP)
Woodkid
 
 


『スティーブン・ゴゴレフ JGPカナダ2018 ショート演技 (解説:英語)』へのコメント (4件)

  • 1
    ブログ  2018/09/14(金) 14:49:22  ID:da1678eb6

    コンボの転倒ほかちょっと取りこぼしあったんですね。
    13点の差なんてあまり気にならないが・・。

  • 2
     2018/09/14(金) 15:22:07  ID:532f719f3

    キスクラ落ち着いてますし
    フリーはクアド2種(もっと跳べるよね)3本
    3A2本で逆襲してくるよね、シニア上位の構成ですもん
    コンボのミスで動揺したのか3Aも
    天才ゴゴレフ君も人の子だとホッとしました。
    ウッドキッドのこの曲もよく合っていいなと思います。
    無色透明って感じがどう変わるのかも楽しみです。
    金髪が綺麗だな、ロシア人ですもんね
    オーサーさんがついてるんですね、こわ

  • 3
    yuria  2018/09/14(金) 15:50:02  ID:c45152724

    ほんと、綺麗な金髪
    長身・男前になりそうです(もう既にハンサム君ですが)
    このプロもいいけど、王子様やロミオやってほしいな(オーサーじゃ無理か)

    4ルッツパンクで、焦ったのかもしれませんね
    また、出て行くとき、顔が強ばっていたので、今日は何か不安要素があったのかもしれません
    リンク上がる前のオーサーの顔が厳しいです
    「この軌道をこうしなきゃだめだ」的なパフォーマンスでした
    もっとも、まだジュニアなので、メンタルやフィジカルに波があるのでしょうから、こういう経験(ミス)は貴重です(シェル子もね)

    経歴はよくわかんないですね・・
    エカテリンブルクで習い始め、地元の大会にも出場していたようですが、なぜカナダなのか?
    ロシア代表じゃ、あかんのかい(笑)

    キスクラのぬいぐるみを持つ姿がかわいい
    トゥルソワ師匠のサイトでは、「コゴレフと対戦すべき」とか書かれていました
    コラコラww
    今回はトゥルソワ師匠に負けてしまいましたが(笑)
    フリーかっこいいので挽回して下さい!

  • 4
    Da Capo  2018/09/14(金) 23:09:38  ID:4f3f65594

    期待値が高すぎるから ミスするとアレ?と思ってしまいますが、よく考えたら まだ13歳。
    地元開催のJGP大会で緊張したのかな…?

    今シニアのトップにいる選手だって、13歳から毎回ジャンプが安定していた選手なんて いませんものね。
    心配しなくても、FSでは間違いなく巻き返して来るでしょう。地元で開かれる ジュニアGPFの予行演習だと思って、ガンバレ〜!