Currently set to No Index
Currently set to No Follow

カムデン・プルキネン ジュニアグランプリファイナル2017 フリー演技 (解説:英語)

愛知県名古屋市の日本ガイシホールで開催された国際競技会「ジュニアグランプリファイナル2017(ISU Junior & Senior Grand Prix of Figure Skating Final 2017/18)」、アメリカ代表-カムデン・プルキネン(Camden PULKINEN)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2017年12月8日
曲名:フレデリック・ショパン 12の練習曲 より「作品10第1番ハ長調『滝』」  ~ 「作品10第3番ホ長調『別れの曲』」(12 Etudes, Op. 10-No.1 in C by Frederic Chopin)
技術点:75.48
構成点:70.72
合計:146.20

Chopin Etudes Op. 10 & 25
ウラディーミル・アシュケナージ


愛知県名古屋市開催の日本ガイシホール開催、ISUジュニアグランプリファイナル2017の出場選手&日程。女子シングルはアレクサンドラ・トゥルソワが優勝、紀平梨花 4位。男子シングルはアレクセイ・クラスノージョンが優勝、須本光希3位。

(インタビュー)

『カムデン・プルキネン ジュニアグランプリファイナル2017 フリー演技 (解説:英語)』へのコメント (2件)

  • 1
    木々  2017/12/09(土) 03:24:21  ID:1554fe3d5

    彼はとっても良かったのではないでしょうか?ちょっとだけ小塚君思い出した。こういう感じの選手も育っていってほしいなあ。4回転時代どうなっていくのでしょうか。。。

  • 2
     2017/12/12(火) 15:02:59  ID:62155532a

    スケートが綺麗。ジャンプの降りもするりと流れて美しい。クワドジャンプは跳んでいなくても、ショパンの曲に合っていてずっと見ていられる。
    クラスノジョン君の豪快なループも魅力だが、好みでいえばプルキネン君のスケートの方かな。
    銀メダルおめでとう!