Currently set to Index
Currently set to Follow

研究者・町田樹 フィギュアスケートへのまなざし (2020/7/18)

2014年12月全日本選手権後に現役引退を表明し研究者の道を選んだ町田樹のインタビュー動画です。映像は日刊スポーツ新聞社のYouTube公式チャンネルで配信されたものです


独特の感性にあふれた言葉と演技で、氷上に存在感を刻み込んだ町田樹さん(30)。6月に初の著書『アーティスティックスポーツ研究序説』(白水社)を出版しました。14年末の全日本選手権後に現役引退して6年。10月からは國學院大で助教に着任します。研究者の道へ進んだ理由、フィギュアスケートの現状分析など、多岐にわたるインタビューを行いました。


『研究者・町田樹 フィギュアスケートへのまなざし (2020/7/18)』へのコメント (5件)

  • 1
     2020/07/21(火) 16:08:19  ID:76b51b2eb

    町田先生♡
    白水社って
    「ライ麦畑でつかまえて」の白水社さん♡

  • 2
    なっこさん  2020/07/21(火) 22:50:49  ID:dc6c0ea65

    100%研究者のまっち~ 頑張れ。

    思います。
    フィギュアの芸術性を言葉で表現・評論している人が これまでの日本にもいなかったように思えるし、海外にもいるかもしれませんがさほど知られていないと思います。(いるならどなたか教えてください!読んでみたいです)
    採点ではなく、
    評論の世界は スケーターの演技とは また別の世界と思います。なので そういう世界があってよいと思います。文学作品と、その論評が別の世界というのと同じで。。ただ 論評に値するような演技を試合でできるか、というと やはり採点方式を偏向させないと 難しような気がします。それに 曲について芸術度が定まっているような曲でないと、評価されにくそうです。採点も スポーツ的な細かい採点じゃなくなると 結局 競技・試合ではなく コンクール、になるのでは? フィギュアコンクール。。話し合いで優勝者を決める?とか。 まっち~の本に何が書いてあるのかな。。。読んでみたいです。

    近くにリンクがあったから の話は。。同感です。
    連盟は相当稼いでいるようなので 地方リンクの経営をもっとサポートしていかないと、スケートのすそのが狭まって、いいことはないです。
    荒川静香さんは スケーターとしても続けてほしいけど、やはり
    スケートの末永い発展のためになる仕事をしていってほしいな。

    長々とすみません。

  • 3
    日本の猫(旧・ねこ平)  2020/08/07(金) 07:35:56  ID:f0acc2772

    管理人様。アップをありがとうござます。新しい見知らぬFS界の動き・ご指摘はここのブログの良さですね。
    ぜひ読んでみたいです。なっこさん様→評論の世界は スケーターの演技とは また別の世界と思います。なので そういう世界があってよいと思います。文学作品と、その論評が別の世界というのと同じで
    新鮮な指摘にはっとさせられました。もっと素敵なコメントが読みたいなと思わせるファンの登場のおひとり。刺激になります  

  • 4
    なっこさん  2020/08/07(金) 13:11:57  ID:dad590292

    こんにちは

    本買おうかな、サイン会は、あるわけないか、と思いながら、あら、こんなのを見つけました!

    優香ちゃん!

    https://www.shinshokan.co.jp/wfs20th/workshop0912.html

    町田 樹
    フィギュアスケーターのための
    バレエ入門
    ——「表現」熟達のための公開ワークショップ——

    フィギュアスケート界初の
    オンデマンド配信による公開ワークショップ

    地上のバーレッスンを氷上でいかに応用するか
    “町田メソッド”の初公開

    「技術+知的感性=表現

    氷上ワークショップでは
    ショパン《別れの曲》を振付師・町田樹が再解釈
    参加者4名が氷上でクリエートす

     ワークショップには、プロスケーターと選手の4名が参加。それぞれの立場で、バレエとフィギュアスケートの新たな試みに挑戦します。スタジオワークショップでは、フィギュアスケートに応用可能なバレエスキルを実践します。いっぽう、氷上ワークショップでは、出演者全員で、今回町田樹さんが新たに振付けるショパン「別れの曲」を滑りながら、「フィギュアスケートの美的・芸術的特性」の実現力を養

    本イベントを記念したアトリエ・タームの新グッズも8月下旬より発売予

    瀬尾 茜 (プリンスアイスワールド)
    松村 成 (プリンスアイスワールド・新横浜スケートセンターインストラクター)
    永井優香 (早稲田大学・2020 年度日本スケート連盟強化指定選手)
    清野桃葉 (西武東伏見フィギュアスケートクラブ)
    配信プログラム内容(予定)

    ▽ オンデマンド配信
    配信開始:2020年9月12日(土)12:00
    配信終了:2020年10月12日(月)23:59
    ▽ お問い合わせ
    新書館 「ワールド・フィギュアスケート」
    創刊 20 周年記念特別企画係
    wfs20th@shinshokan.co.jp
    ▽ チケット
    料  金:3,800円(税込)
    販売開始:2020年8月1日(土)10:00
    販売終了:2020年10月12日(月)20:

    長くてスミマセン

    わたしはヴィンセントのファンですが、この世界とは対極にあるスケーターかも。どっちも好き。

  • 5
    なっこさん  2020/08/08(土) 12:03:52  ID:74288f413

    こんにちは

    今日の朝日新聞朝刊 の書評のトップに なんとこの本の論評が!
    私的には、キーワードは、
    汽水域 かと。。。海水と淡水が出会って混じっているところ。

    ちょっと高い本ですが、5500円、 ショーもないし、
    9月の配信と一緒に・・・。 
    8月は 真央ちゃん、9月は まっちー+優香ちゃんね。

    来週のコロラド杯も 配信ちょっとはあるといいのに。。
    でも 大会ボランティアを今頃募集している感じからすると、
    ビデオをとって配信するなんて事、、余裕ないかもしれないな。。。 
     ボランティアしたいよ。。”Runner” だって。ぱしり? 審査結果をすばやく届ける?ってことかな? 10歳以上。 ”Awards” 表彰式はないらしく、ただメダルを渡すのみで13才以上。。 いいな。。。