宮原知子 ジャパンオープン2019 フリー演技 (解説:日本語)

埼玉県さいたま市のさいたまスーパーアリーナで開催された国際競技会「木下グループカップ フィギュアスケート Japan Open 2019 3地域対抗戦(Japan Open 2019)」、日本代表- 宮原知子(Satoko MIYAHARA)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2019年10月5日
曲名:ジョン・ベイレス 「シンドラーのリスト/前奏曲嬰ハ短調(ラフマニノフ) /ハティクヴァ」 (Theme From “Schindler’s List” / Prelude In C-Sharp Minor / Hatikva (Interlude) performed by John Bayless)  [ローリー・ニコル振付]  
技術点:66.96
構成点:68.98
減点:1.00
合計:134.94

The Movie Album (Classical Pictures)
ジョン・ベイレス


埼玉県さいたま市開催、ジャパンオープン2019(木下グループカップ フィギュアスケート Japan Open 2019 3地域対抗戦)の出場選手、日程、結果、動画リンク。日本からは宮原知子、紀平梨花、宇野昌磨、島田高志郎が出場。欧州チームが優勝、日本チーム2位、北米チーム3位。

『宮原知子 ジャパンオープン2019 フリー演技 (解説:日本語)』へのコメント (37件)

  • 1
    みかん  2019/10/05(土) 21:07:54  ID:9b97ecbec

    知子ちゃんの演技が大好きです。新衣装もプログラムもパフォーマンスもとにかく素晴らしすぎます。PCSは70点オーバーが妥当だと思うなぁ。

  • 2
    moon  2019/10/05(土) 21:37:20  ID:7bc470ab4

    2a-3tでリカバリーできるの強みですね

    ルッツ前よりよくなってますね!

    確かにPCS68は低すぎますね
    個人的には72くらいあっていいと思います

  • 3
    ブログ  2019/10/05(土) 22:11:26  ID:1607ebd6a

    作品としてみてて引き込まれます。
    衣装の色彩、装飾バランス、非の打ちどころ無しです。
    やっぱり日本代表メンバーにいてほしい選手です。

  • 4
    わかちゃん  2019/10/05(土) 22:27:31  ID:5bebc51b5

    ノーミスしたら、泣いてしまいそう。
    ジャンプも成長してますが、
    チマチマした感じがなくなり、大物感が漂っています。
    今までの作られた表情ではなく経験を生かした深みのある演技に鳥肌が立ちました。
    両方のコーチのいいとこ取りですね。
    もう期待しかありません。
    どうか、怪我だけはしないで下さい。
    美しかったです。

  • 5
    マイア  2019/10/05(土) 22:50:13  ID:b399c5e03

    宮原選手の演技に引き込まれました。素敵です。

  • 6
    S  2019/10/05(土) 23:05:37  ID:c0f6efe13

     はい、お見事。ローリーも満足でしょ。あの小っちゃかった子がこんな演技するとこまで来たのか、、、、。
     ジャンプの改造は、昨シーズンの「手ごたえ」から、今は「自信」に変わりつつある、そんなとこなんじゃないでしょうか。それが演技全体に余裕を与えてるように見えました。
     とにかく怪我なくね。
     

  • 7
    わかちゃん  2019/10/05(土) 23:09:38  ID:5bebc51b5

    これは、傑作。
    衣装も素晴らしい。
    ジャンプも進化していますね。
    今までのような完璧さはないけど、チマチマしたところがなく、スケールの大きい演技になりました。
    表情も作られたものではなく、解放され、内から湧き上がってくる感じ。
    失望から恐怖の表情に変わるところ、映画を見てるようでした。
    両方のコーチのいいとこ取りですね。
    ノーミスなら、泣いてしまいそう。
    宮原知子も凄いけど、ディクソンも進化し続けてる。
    隙がなく、飽きのこない振付師です。

  • 8
    ファン  2019/10/05(土) 23:09:54  ID:150ae5b14

    いいプログラムですね!期待してます。

  • 9
    わかちゃん  2019/10/05(土) 23:11:07  ID:5bebc51b5

    最初の投稿が入っていないと思い、また同じような内容を入れてしまいました。

    とにかく、最高でした。

  • 10
    グリーン  2019/10/06(日) 01:28:20  ID:a88e81a4f

    ジャンプは失敗しても、やっぱりこれは素晴らしい。
    涙が出ました。
    今年のプログラムでは一番になるのではないでしょうか。
    きっと知子ちゃんならば、GPごとにジャンプも決まりだしてくるでしょう。
    全日本で、世界選手権で、このプログラムの完成したものが見られるのが楽しみです。

  • 11
    チワワ  2019/10/06(日) 02:11:33  ID:73c8766bc

    スケーティング 惚れ惚れします。私が最も引き込まれたのは宮原さんでした。紀平さんも良かった。ロシアの二人は本当に凄いのだけれど、それ以上に感動をくれたのは なぜか 二人の日本人選手でした。

  • 12
    まゆ。  2019/10/06(日) 08:22:41  ID:0b71471cb

    本当に胸に刺さる表現力…素敵です。
    ますますの完成を期待しています^^

  • 13
    ぴかり  2019/10/06(日) 08:33:22  ID:476f5e781

    超・超・超美
    ジャンプに少しミスはあったけれど、何とも切なく悩ましく美しい演技でした。表現力は世界最高でしょ。INに8.25付けたジャッジがふたりもいるけれどどうかしてます。CO7.5はもうアリエイ

    2Aの飛距離が伸びてますね。これならあともうちょっと頑張れば確かに3Aいけるかも。

  • 14
    マイ  2019/10/06(日) 10:21:05  ID:698d588c9

    やはり円熟味を増したサットンが一番良かった。
    表現力と言ったらこの人の右に出る選手はいないような気がします。
    4回転なんぞ要らないと思わせる素晴らしい演技でした。
    涙は自然と流れてきます。

  • 15
    絶品  2019/10/06(日) 12:55:36  ID:c1a95091d

    魅入ってしまうとは、こういう演技なのでしょう。。
    美しく気高く、サトコ・ミヤハラここにあり。

  • 16
    さわ  2019/10/06(日) 13:22:16  ID:20cf6e634

    今フィギュア界を席巻するのはこの人と思わせる演技。

    本人フィギュアのある意味ゾーンに入っていると、鳥肌が立ちました。

    高難度に向かうフィギュアの世界。何か物足りなくてフラストレーションが溜まっていたけれど、若き年輪の詰まったサトコミヤハラこれからなんと楽しみなことよ。

  • 17
    ぱりぱりこんぶ  2019/10/06(日) 14:34:28  ID:cfd287215

    最後のスピンの美しいこと、ピアノの音にすんばらしく調和しております!
    あっという間に演技が終わる。今シーズンもやっぱりいいわ〜

  • 18
    いちじく  2019/10/06(日) 15:23:59  ID:70518fe98

    ファイブコンポーネンツで9点台を目指す。

    さとこさんはネクストステージに入りましたね。

    スケーティング、表現力、音楽性のクォリティーは申し分ない感じですので、あとは足技の難度、多様性、独創性をどれだけ上げれるかなんでしょうね。

    ローリーはもしかしたらシンドラーのパートで深い悲しみを、ラフマニノフと終盤の曲調が高まるところで激しい怒り(もしくは恐怖?)を表現させたいのかなと、ちらと思いました。

    ここに凄みが出てくれば、ジャッジも“Very good”(8点台)から“Exellent!”(9点台)をポンと押しちゃうかもしれないですね。

    いずれにせよ素晴らしい挑戦を応援します。

    マスコミもジャンプだけじゃなく、こういうチャレンジも注目してほしいわ~

  • 19
    サンマ  2019/10/06(日) 15:57:21  ID:50457d6ad

    これ、会場で観ていて序盤から既に自然とウルウル来てしまいました。シーズン終盤には怪物級プログラムになってそ~な予感。

    さっとんはプログラムによって衣装は勿論、頭のお団子の位置や髪飾りやお化粧を上手に使って雰囲気を出してなりきりますが自分で研究しているんでしょうか。コーチのアドヴァイスなら梨花ちゃんも髪型やら変えそうな気もするのでさっとん自身なのか。。。

    どこから入ったのかそれともお住まいがそこなのか平和の象徴のハトがリンク上の天井を自由に跳んでいましたがハトもきっと感動していたに違いありません。

  • 20
    ぽん  2019/10/06(日) 18:00:04  ID:6ba79f280

    今回のJOは彼女のプログラムが一番感動しました。ジャンプはあまり調子が良くなさそうでしたが、世界観を表現できていて、すっかりベテランになったなぁ…と感慨深く思います。2Aがとても良くなったので、いつか3A決めるところが見てみたいですね。

  • 21
    くりゆき  2019/10/06(日) 18:39:12  ID:1812bafd4

    これは、完成形を見たい素敵プログラム。

    ジャンプ矯正続いているのかな?
    失敗あったり、回転不足とられてるけど、ジャンプも良くなってる気がしました。

  • 22
    魅了  2019/10/06(日) 18:42:45  ID:81574cdac

    美しい音楽なんだけどナチスの話だから気になりました。日本も敗戦国で常に叩かれてますが、ドイツも触れられたくない話だと思います。

  • 23
    くりゆき  2019/10/06(日) 19:30:19  ID:1812bafd4

    ユリア・リプニツカヤのシンドラー、
    ジェレミー・アボットのライフ・イズ・ビューティフル、
    これらは当時ハマりプロという事で絶賛されていて、批判の声はあまりなかった印象です。

    ニコル・ショット選手が批判されてたのはドイツ人だからかな、と思ってたのですが、他の国の選手でも物議を醸すのかな?

    なんだか息苦しい世の中になっちゃいましたね。

  • 24
    ポムポム  2019/10/06(日) 23:41:36  ID:0905798b1

    繊細な表現がよかった。氷上のバレリーナ。
    ユダヤ人といえば、アンネ・フランク。黒髪でガリガリで、知性ある女の子。そこは知子ちゃんと共通するので、日本人が演じてもいいと思った。

  • 25
    ヴィクトル  2019/10/07(月) 07:42:59  ID:3c294da1e

    別に物議にはならなかったけどロシア選手がシンドラーのリストをやる方がどう考えてもどの面下げてでしょう。日本はナチスドイツの同盟国だったくせにユダヤ人を救出してた国ですよ。もうちょっと歴史を勉強しましょう。

  • 26
    チワワ  2019/10/07(月) 16:58:25  ID:01e16cc40

    飽きっぽくフィギュアに疎い友人は、最初ロシアの選手のその美貌に感動して見てましたが、途中でつまらないと言ったので、切り替え、宮原さんの演技を見せたところ、最後まで食い入るように見て、凄い と言ってましたよ。

  • 27
    ACNU  2019/10/07(月) 21:41:16  ID:83e9644d9

    相変わらずのジャンプの回転不足。でもこの子は大怪我以降本当に心打つ演技ができるようになった。もしかしたらコストナーレベルになれるかもしれないくら良い。

    鐘と組み合わせた楽曲は浜田組のオリジナルでしょうか?何を考えているんだろう?普通にやった方がいいのに。冬もそうだったし、蝶々夫人もそう。なぜ謎編曲にする?浜田先生は知子については以前から衣装も楽曲もセンスがない。特に今は紀平に夢中でほったらかし感が凄い。

  • 28
    成長  2019/10/08(火) 00:55:15  ID:e99a7590e

     宮原選手の本当にスケート芸術の研究者みたいな演技に魅了。常に見ていたい。

     自分を育てかつて大怪我時オリンピックに間に合い出られるチャンスを作り、その後の成長を支えた濱田コーチの力量を知るからこそ、出て行かないと私は思う。(唯ジャンプだけは早くから体系的訓練があればもっと良かったかもしれないが。)

     今年は一人でスイスとカナダ合宿に行き一人でプログラムを作ったそうだ。チャコル衣装店には宮原選手自身から詳細なデザインプランが送られるそうだ。かっこいい!濱田ティームに残りつつ留学生活を選んだ自立した宮原選手の今後を見守りたい。

  • 29
     2019/10/08(火) 01:13:26  ID:b6a651f16

    これは濱田組のオリジナルじゃないですね
    ピアニストのジョン・べイレスさんのアルバムじゃないかな
    管理人様が上で曲もアルバムも表示くださってます。
    蝶々夫人も、もしかしてこの方かな
    コンサートも行ってたような
    宮原さんの蝶々夫人は名作だと私は思います。
    冬もちゃんとしたアルバムがあります。
    勝手に作ったんじゃないですね。
    好みは人それぞれ、私は宮原さんの衣装は好きです。
    冬の変えたのはちょっとアレでしたが…
    宮原さん、いろいろ考えて自立してるのかな
    バーケルコーチもメインコーチですしね
    ステファンさんの合宿にも単身で行ってますし
    英語が大丈夫だから出来るんじゃないかと思います。
    頑張ってほしいですね

  • 30
     2019/10/08(火) 01:16:35  ID:b6a651f16

    あ、成長さま♡ありがとうございます。

  • 31
    rysum  2019/10/08(火) 16:43:01  ID:7327a16fe

    表現力がどんどん素晴らしくなってうっとりしました。
    編曲が謎ですが、上手く組み合わせてありますね。
    ジャンプはもっと自信持って跳んで欲しい。ちょっと自信なさげに見えます。平昌の時のような強気でいいです。

  • 32
    ラウル  2019/10/08(火) 18:10:16  ID:a2174dcbe

    引き込まれました。
    かつてのさっとんは一生懸命でしたがチマチマと小物感がありましたが今はスケール感さえ感じます。
    後はやはり回転不足の改善かなぁ。それさえ無ければPCSは もっと上がるはず。
    ザキトワさんが 完成度勝負をしていますが全く回転不足やエラーを出さない強みがあります。なのでPCSが凄い。(まあ 元々ジャンプは得意なんだけどトルソワが 宇宙人だから)さっとんも紀平さんを意識する事なく頑張って欲しい。カナダコーチの元で練習するのは 良い事だと思う。紀平さんとリンクを別にしたのは 濱田コーチの計らいもあると思っています。

  • 33
    IO  2019/10/08(火) 18:20:21  ID:fbd863737

    編曲はジョン・ベイレスのオリジナルですね。
    蝶々夫人もベイレス。冬はあれは8シーズンというやつですね。
    シンドラーは蝶々夫人でベイレスとの対談があったのでその縁でしょう。

    でも浜田組がこれを選んだあるいは許可したのには疑問です。
    鐘はどうしても真央ちゃんを思い出し演技に集中できません。
    冬も最後のいいとろでビバルディが入って台なしだったし。

    知子ちゃんと紀平さんのSPの初披露の時に、
    曲調も衣装も何となく被っているのを見て、
    浜田組は何を考えているんだと思いました。

  • 34
    真に強く  2019/10/09(水) 16:25:53  ID:58e9e80a7

     エテリ女史はザギトワ選手が、去年若手が急に活躍し大幅に調子崩し心配したそう。しかし今はあのロシア3大天才子一緒に同じリンクで楽しそうに練習している。結果も成熟の極に成長している。「私は単にスケートを楽しみたいの。」だそうだ。

     自尊心を持ちつつ若手も認める!

     若手を育てつつ宮原選手を支えてきた濱田チームの配慮は勿論あると思う。同時に皆互いにレスペクトしあい共に成長できる環境で各者が真に強くなれそうだ。

  • 35
    コロナ  2019/10/09(水) 17:16:17  ID:f75177b9f

    編曲・4分アレンジについては、他の方が書かれている通り、かなり独特(斬新というよりも)で、冒頭の演技の素晴らしさが、唐突に入る「鐘」で雰囲気かき消されたように感じ、彼女の演技に入り込めませんでした。

    繰り返しリピ再生していると、彼女の演技に集中して見られるのですが。

    それだけ、振付師が、解釈への難易度の高さの課題を宮原選手に要求しているのかな。

    素晴らしいエッジコントロール、磨き抜かれたポジション。繋ぎのスパイラル姿勢も、グラデーションの効いた素晴らしい移行が美しく、こういうところを、ああ!ちゃんと演技構成点で反映して欲しい!と思わずにはいられません。

    採点や他の選手に動揺せず、一貫して彼女のスタイルを貫くと、良い結果が待っているように思います。

  • 36
    まつおか  2019/10/10(木) 00:05:26  ID:87675f0a3

    たしかに音楽の解釈、スケーティングともに去年に増して素晴らしいのですが、彼女の場合、ジャンプの質が改善しない限り演技全体の見栄えが変わらない気がします、、

  • 37
    さとこんぐ  2019/10/12(土) 03:04:20  ID:d43419d18

    会場で生で観てました。練習時は完璧なジャンプが飛べていたので安心してみてました。ジャンプも高さが出てきて今後楽しみです。本番には転倒があり少々残念。ただ、その後のリカバリーはお見事!
    でも、ジャンプのミスが不思議と気になりませんでした。プログラムが1つの作品となり、サトコちゃんの滑りの表現に魅了されてしまったので。
    PCSは随分過小評価される感じです。もっと高得点が出てもいいかなと。全て9.0台を目指しながら3Aを是非マスターしたら、今期はかなり飛躍できそう。