Currently set to Index
Currently set to Follow

チェ・ダビン 世界ジュニア選手権2015 フリー演技 (解説:日本語)

チェ・ダビン 世界ジュニア選手権2015 

エストニア・タリン(Tallinn)で開催された「2015年世界ジュニアフィギュアスケート選手権(2015 World Junior Figure Skating Championships)」、韓国代表-チェ・ダビン(Dabin CHOI)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2015年3月6日
曲名:フレデリック・ショパン 「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」  (Andante spianato et grande polonaise brillante op. 22 by Frederic Chopin)
技術点:55.09
構成点:46.97
合計:102.06

「戦場のピアニスト」オリジナル・サウンドトラック
サントラ、タデュウシュ・ストゥルガラ、ウワディスワフ・シュピルマン、ヤーヌシュ・オレイニチャク、 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団


エストニア・タリン(Tallinn)開催、2015年世界ジュニアフィギュアスケート選手権の大会情報、出場選手&結果&動画リンク。女子シングルはエブゲニア・メドヴェージェワ(ロシア)が優勝、樋口新葉3位、坂本花織6位、永井優香7位、男子シングルは 宇野昌磨が優勝、山本草太3位、佐藤洸彬15位。

(解説なし)

(日本語)

『チェ・ダビン 世界ジュニア選手権2015 フリー演技 (解説:日本語)』へのコメント (3件)

  • 1
    ジャガミカン  2015/03/07(土) 11:03:06  ID:8e8c5e072

    回転不足を2つ取られてしまったんですね。
    回転してるように見えなくもないんですけどね。
    けっこうポテンシャルが高いところを見せてくれるんですよね。
    3-3は回転不足ですが、それなりにキレイですし、スピンももうちょっと練習はしてほしいですが、良い感じです。
    この選手は思い切って韓国以外の海外のコーチのもとで海外で練習してほしいですね。
    韓国のスケートは偏っているので、良い部分はそれで良いですが、そうじゃない部分に一向に気が付かないので、染まりきる前に海外で視野を広げてほしいです。
    表現力もこれからつけて行けばよいのですが、顔芸と上半身の動きに頼り過ぎるだけではダメで、長所を効果的にプログラムに取り入れていく必要があるんですよね。
    このプログラムはピアノ曲でまだ良いのですが、この路線以外で勝負するとボロが出そうです。
    とはいえお金のかかるスポーツ、いろいろ大変ですよね。

  • 2
    クリスタル  2015/03/07(土) 19:21:30  ID:09b740d4d

    得点こそ伸び悩みましたが中々の完成度だったと思います
    最初のコンビネーションは少し回転が微妙だったのですがやはりセカンドが取られてたのがありましたね…
    ただ彼女はこの大会かなりフリップとルッツの跳び分けが厳しく判定されている中で 唯一といって良いほどショートもフリーも取られてなかったなと感じました!!
    ただ課題としてはステップですが最初のほうがかなり浅かったので僕はつなぎの要素かなと思うくらいだったので これは練習が必要かなと思いました

  • 3
    Gonta  2015/03/07(土) 19:40:23  ID:cea2302b1

    カバー写真や衣装、日本選手3位の方かと思った。
    ジャンプでつないでいく演技構成も酷似。
    訓練の方向がアジア系・日本型スケーターのカテゴリーになるのかな。
    有望株には違いなく自国開催では一人でもスターがいた方がOP注目度もアップ。