Currently set to Index
Currently set to Follow

鈴木明子 全日本選手権2008 ショート演技 (解説:なし)

鈴木明子 全日本選手権2008 ショート

2008年長野県長野市の長野市多目的スポーツアリーナで開催された第77回全日本フィギュアスケート選手権大会(2008 Japan Figure Skating Championships) 、鈴木明子(Akiko Suzuki)のショートプログラム演技の動画です


Date:2008年12月26日
曲名:フランツ・リスト 「ラ・カンパネラ」La Campanella from 6 Etudes D'exécution transcendante d'après Paganini, S. 140 - Yundi Li: Liszt Recital (La Campanella by Franz Liszt)

技術点:30.14
構成点:26.88
合計:57.02

B00007KL5Lラ・カンパネラ~ユンディ・リ/リスト・リサイタル
ユンディ・リ

長野県長野市開催、第77回全日本フィギュアスケート選手権(2008年)の出場選手、日程、結果。女子シングルは浅田真央が3連覇、織田信成が初優勝。

『鈴木明子 全日本選手権2008 ショート演技 (解説:なし)』へのコメント (8件)

  • 1
    アリア  2008/12/27(土) 18:24:20  ID:0ce8afe80

    明子ちゃん今日も頑張れ~(≧∇≦)内の母さんは今日も明子ちゃんのスケートを楽しみにしています!

  • 2
    なつ  2008/12/28(日) 00:25:39  ID:eb1f5a2f2

    鈴木選手、雰囲気が素晴らしいです。
    動作のひとつひとつが女性らしく、本当に美しい。
    キス&クライでも、とてもかわいらしいですね♪
    日本代表としてふさわしい美しさだと思います。
    是非バンクーバーに行ってほしい・・・! 応援しています。

  • 3
    チョコレート  2008/12/28(日) 00:40:19  ID:f202442bc

    今日は、お疲れさまでした。
    とっても 感動的な演技でした。
    で、四大陸出場おめでとうございます。
    十分、体を休めて  良いお年を!!

  • 4
    KILLER  2008/12/28(日) 01:35:31  ID:d45417b38

    昨日よりものびのび滑ってたようでした。とても良かった。

  • 5
    unknown  2008/12/28(日) 02:15:21  ID:130d938c3

    四大陸出場おめでとうございます!
    世界選は残念だったけど、会心の演技でしたね。本当に感動しました!
    浅田選手もびっくりの鬼ステップ、本当に素晴らしかった!
    フリップがwrong edgeだったけど、これは慢性的なものなのかしら…?
    DGも少ないし、ステップという武器もあるし、今のルールで鈴木選手は世界でかなり強く戦える選手だと思います。(個人的には安藤選手よりも得点がでやすいのでは?と思ったり)
    国際大会でPCSを稼ぐ為には名前も重要だと思うので、四大陸でその存在を十分売って来てくださいね。
    バンクーバーも夢じゃない!期待&応援してます!

  • 6
     2008/12/30(火) 10:47:14  ID:9ed2780ff

    管理人様
    いつも楽しく拝見しております。
    得点のところに武田選手の得点が書いてありますよ。
    間違いかな?

  • 7
    sachi  2009/01/09(金) 09:24:55  ID:01d35549d

     これはフジコ・ヘミングウェイの演奏でしょうか?
     最後のステップ、スピン。ステキです!見とれてしまう。スパイラルもステキに表現してますね。ジャンプは残念でしたが、他の要素がそれを忘れてしまう程ステキです。
     う~ん、中野さんも応援してるので複雑な気持ちです。でも今年の鈴木さんはすご過ぎます。バンクーバー、4人とも出場できればいいのに。。
     ステップは真央ちゃんとはまた違った魅力があって圧巻です。
    ステップでは安藤さんや中野さんよりのよりも強烈なインパクトを受けます。スピードがあるし何といっても上半身の表現力が豊かです。

  • 8
    sachi  2009/01/09(金) 13:31:45  ID:01d35549d

      連投です。鈴木選手の全日本のフリーとEXのところでも書いた内容ですが、フィギュアスケート日本女子ファンブック2009で、次のようなエピソードを知ったので、ご紹介します!
     2008年3月にオランダハーグのインターナショナルチャレンジカップで鈴木選手が優勝した時のEXで、病気で出場できなかった地元の選手のEXナンバーを滑って欲しい、と急きょ頼まれてピアノの生演奏で滑ったそうです。偶然にもその地元選手の病気は鈴木選手が克服した摂食障害で、鈴木選手も大会の主催者もとても驚いたそうです。鈴木選手は「これは偶然なんかじゃない、私が経験するいろいろなことは、経験すべきこととして用意されたもので、今回彼女の代わりに滑る機械を頂いたこともまた、偶然じゃなくて質前。」と思ったそうです。
     このブログの中でも見れます。

    YouTubeでは

    で見れました。ちょっと涙してしまった。