ニコライ・モロゾフ 教え子とアメリカのスケーターについて語る (2008/11/3)

ニコライ・モロゾフ

ニコライ・モロゾフのインタビュー動画です。映像はLifeskate.comで配信されたものです。

アメリカ、ニュージャージー州のアイス・ハウスで生徒達を教えるニコライ・モロゾフコーチに、Lifeskate.comの記者が彼の教え子やアメリカのスケートについてインタビューを行ないました。

女性:アメリカのスケートについてどう思いますか?

モロゾフ:スターがいません。以前のようなスターがいないんです。

女性:誰がスターだったのでしょうか?ブライアン・ボイタノ?

モロゾフ:アメリカはいつもオリンピックで沢山のメダルを取ってきました。でも男子では過去4大会がロシア人、女子は前回日本人で、その前がアメリカ人でした。でもなかなかスターがでてこないですね。ミシェル・クワンみたいな(笑)

女性:アメリカのスケーター達を見ていて、どの選手に興味がありますか?

モロゾフ:ライサチェックは素晴らしいし、ジョニー・ウィアーも。女子もよくなってきました。長洲未来やキャロライン・ジャン。彼女達はこれからののスターです。
シニアレベルでは飛びぬけた選手はいません。でもジュニアレベルは素晴らしいですよ。世界ジュニアでは女子は金・銀・銅を独占しましたね。そして女子・男子・アイスダンスで金を取りました。なので次の世代で期待できるでしょう。

女性:あなたの元でトレーニングをしている織田信成選手ですが・・・他には誰を見ていますか?

モロゾフ:村主章枝、安藤美姫、アダム・リッポン、村上大介、その他沢山。全部は言えません。

女性:沢山いますからね。

モロゾフ:(笑)そうなんです。 安藤美姫は(以前から)みていましたが、村主や織田はそうではありませんでした。僕は村主・織田と両選手を指導するのは好きですし、楽しみですね。
彼らはとても努力家です。

女性:新しい生徒を迎える時、あなたにとって何が大変ですが?性格とかもしっておかないといけないですよね?

モロゾフ:沢山ありますよ。彼らのいい部分や弱点、彼らがどう答えるか、僕と彼らの関係どうなるかなどその他沢山、知るのに時間がかかりますよ。

女性:安藤美姫は世界選手権のフリーで、怪我によって途中棄権しましたが、あれ以来彼女はどうでしょうか?

モロゾフ:彼女は大丈夫ですよ。ここでよく練習を頑張っていますし、エキシビションにも参加する予定です。

女性:彼女の今シーズンの目標はなんでしょうか?

モロゾフ:怪我をしないことかな。強い選手達にとって、それはとても大切なことですよね。大会で勝つ可能性がある選手たちですから、
健康で・・・・ (携帯電話が鳴る) すいません(笑)

モロゾフ:選手達にとって、健康でいることが必要です。健康であれば、伸ばせる範囲でスキルアップができるというものです。

大まかな和訳をつけてみました。和訳は完全なものではないのでご了承ください。

『ニコライ・モロゾフ 教え子とアメリカのスケーターについて語る (2008/11/3)』へのコメント (3件)

  • 1
    炭水化物  2008/11/05(水) 09:42:06  ID:e736e4be7

    管理人様、動画アップ有り難うございます
    しかも和訳まで、ご苦労様ですm(__)m

  • 2
    ハーゲンダッツ  2008/11/05(水) 16:47:01  ID:e2429788c

    管理人様毎度ありがとうございます。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
    やはり真央ちゃんがいなくなったら、アメリカ勢が台頭し、オリンピックでもメダル独占も可能ですよね。3-3も出来そうですし、本当にうれしいやら恐ろしいやらですね笑。私はコーエン選手の大ファンなので、アメリカの選手が出てくることはうれしく思います。層が厚いし、環境も整っていますから日本も早くそうなって欲しいですよね。
    特に、男子とアイスダンス、ペアの方も日本の層が厚くなってくれればなーなんて思っています。そうなるとやっぱ国での支援が・・・・;;
    個人的にはロシア勢もプル様やヤグ様、スルツカヤ選手みたいな国民から尊敬されてて尚且つ神レベルの選手が出て欲しいなと願っていますが、なかなか天才というのは出ないものですよね。
    だからこそ、真央ちゃんというう天才を生で見れて幸せに思います。

  • 3
    フィギュアスケートlove  2008/11/10(月) 20:44:46  ID:3e56ff7cb

    管理人様、ありがとうございます。
    いつも楽しみに見させていただいています。
    高橋大輔、安藤美姫、浅田真央選手のファンです。
    最近たくさんのメダリストを指導した、ニコライ氏の思いを聞いてみたい
    と思っていたところで、この記事を見て感激しました。
    先日のグランプリシリーズ中国杯での、キム・ヨナ選手のコーチが判定に
    異議申し立てをした記事を見て、それとは違い審判の採点を受け入れ
    努力する姿勢に器の大きさを感じていました。
    安藤選手は、6種類のジャンプを全てクリアに跳べて、その上に4回転
    (トリプルアクセルも練習で成功している動画がyoutobeにありましたが)
    も跳べる、素晴らしい才能を持っている選手。(真央ちゃんはサルコウが
    苦手、キム選手はループが苦手で、プログラムに入れていなかったり
    失敗したりしていると思います)。今年のGPで6種類全種類のジャンプを
    プログラムに入れているのは、安藤選手だけではないでしょうか?
    真央ちゃんの演技も好きですが、安藤選手には真央ちゃんに無い良さが
    あると思います。
    色んなバッシングやプレッシャー、怪我と戦いながら、前向きに頑張って
    いる姿が好きです。
    途中から安藤選手賛歌になりましたが、そんな彼女をニコライコーチには
    支えてあげてほしいです。生徒がとても多くて面倒見切れるのか不安ですが。