武田奈也 スケートカナダ2008 ショート演技 (解説:ロシア語)

武田奈也 スケートカナダ2008 ショート

2008年グランプリシリーズ第2戦、カナダのオタワ(Ottawa)で開催されたスケートカナダ(Homesense Skate Canada International 2008)、日本代表-武田奈也
(Nana TAKEDA)の
ショートプログラム演技の動画です。


Date:2008年10月31日
曲名:スタン・ケントン 「アーティストリー・イン・リズム」Artistry in Rhythm - The Stereo Sound of Stan Kenton ~「アーティストリー・ジャンプス」Artistry Jumps - Stan Kenton - Selected Favorites, Volume 1  (Artistry in Rhythm + Artistry Jumps by Stan Kenton)

技術点:25.86
構成点:19.28
合計点:45.14

B000ROAAHCArtistry in Rhythm
Stan Kenton

2008年ISUグランプリ スケートカナダ 出場選手一覧&結果

『武田奈也 スケートカナダ2008 ショート演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (5件)

  • 1
    ナベ  2008/11/01(土) 06:21:46  ID:6d9b36e05

    朝一からいいもの見せてもらいました。管理人様本当にありがとうございます。
    単独の3回転が2回転になってしまったのは残念でしたが、奈也ちゃんのビールマンは本当に綺麗ですね
    全体的にスピードも増したような気がします。
    今回の点数はちょっと厳しかったような気がしますが、めげずに奈也スマイルでFP頑張ってください

  • 2
    たっちゃん  2008/11/01(土) 07:08:23  ID:55a1f9817

    ビールマン美しかった
    フリーも奈也選手らしくがんばってください!!

  • 3
    エピ  2008/11/01(土) 09:23:09  ID:93a51fea6

    >ナベさんの仰るように、ジャッジが厳しすぎるのではなく奈也さんのこの美しいスケーティングにその公正さが欠けているような気が強くします。明確に転倒ジャンプの選手が上位に!?奈也さんのスピード感のあるスピン~ビルマンの見事さ!!スケカナ、お前もか?!!と思いが。。

  • 4
    きなこ  2008/11/01(土) 14:49:31  ID:4b14028a6

    いつもありがとうございます
    キレイだったーって思ったら、PCSが最低点っておかしくないですか?ショックでしょうね…良かっただけに…
    中野さんが有名になりつつある時に、点数低っ!て思った事あるんですが、解説の人が、まずは実績を残して、名前を覚えてもらわないとみたいな事、言ってたんですよねぇ。
    選手生命が短くて、過酷なスポーツですし、身を削って頑張ってるというのに、そんな事言わないで、今をちゃんとジャッジして欲しいと切に思います。

  • 5
    animato  2008/11/01(土) 19:20:28  ID:c7261a029

    武田選手はエキシビジョンを見ていても、「踊れる」選手なので、
    この曲はいいなぁ~と思ってみていました。
    フリーは「黒鳥のパ・ド・ドゥ」ということなので、
    (まだどんな感じかわからないですが)コントラストがつきそうですよね。
    ただ、他の方がおっしゃっているように、
    点数厳しいですよね。私だったらもっとあげちゃう!
    どうかフリーも素敵な演技ができますように。
    そして怪我なくシーズンが過ごせますように…