ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン 欧州選手権2018 ショート演技 (解説:ロシア語)

ロシア・モスクワ(Moscow)で開催された競技会「2018年欧州フィギュアスケート選手権(ISU European Figure Skating Championships 2018)」、フランス代表-ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン組(Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON)のショートダンス演技の動画です。


Date:2018年1月19日
曲名:エド・シーラン 「シェイプ・オブ・ユー」  ~ エド・シーラン 「シンキング・アウト・ラウド」  (Shape of You + Thinking Out Loud by Ed Sheeran, remastered by Karl Hugo)
技術点:42.20
構成点:39.09
合計: 81.29

÷
エド・シーラン


x (Wembley Edition)
エド・シーラン


ロシア開催2018年ヨーロッパフィギュアスケート選手権の出場選手&日程。 ■開催日:2018年 1月15日 - 1月21日

(ロシア語)

(アメリカ英語)

(イタリア語)

『ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン 欧州選手権2018 ショート演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (5件)

  • 1
    パリン  2018/01/20(土) 06:09:47  ID:51c661489

    常に一位でいる、ということは困難なことなのですね。ツイズルも、ステップもレベル4が取れない、なんて…。まあ、ここは通過地点で、焦点はオリンピックなのだと思いたいところではあります。アグノエル・スクールの快進撃が過ぎて、欧州で嫌われ始めているのでなければいい、という感じがしました。アグノエルチームへの点の出方が厳しいような気がします。みなさん、どう思われますか?

  • 2
     2018/01/20(土) 09:03:45  ID:d093f6e4f

    パリン様
    厳しいコーラーでしたがパターンダンスタイプステップでは唯一レベル4を取っていますし、嫌われているならあんなに沢山10.00やプラス3はつかないと思いますよ(苦笑)。

    ノンタッチミッドラインステップのレベル3は厳しいですが、全ジャッジが+3を出してもいて非の打ち所無しの証明でもあります。コーラーが違えばレベル4だった可能性も高いと思います。ツイズルは残念でもそれだけを以てして全体を決めつけるのは早急でしょう。

    本日が五輪個人戦フリーダンスの丁度1ヶ月前に相当します。1ヶ月もトップコンディションを保つのは困難でしょうから、アグノエルコーチの目算の元、巧みにピークを合わせている途中ではないでしょうか?そのように考えると他の組や男子、ペアの試合を考えても納得するものがありました。

    日本語解説によると、ショートダンスが開始された当初のコンセプトとしてパターンダンスと他のクリエイティブパートをインテグレートしていく、流れが途切れないものをアイスダンスは目指していく方針だそうです。パパダキス達の今年のショートダンスはそれを見事に体現してくれていると語っていました。

    パパダキス達のスケートとユニゾンはつくづく滑らか、エレメンツが途切れなく続いていきますね。それはISUの方向性と合致していての高評価のようです。

  • 3
     2018/01/20(土) 12:57:33  ID:7e12d6464

    ツイヅルの足の向きが合わず残念でした。他のトップクラスの組に比べるとピタっと合う確率が低い気がします。オリンピックではツイヅルも上手く行って欲しいです。

  • 4
    パリン  2018/01/20(土) 18:05:48  ID:51c661489

    蒼さま
    詳しい解説をありがとうございました。なるほど。今日は落ち着いてフリーを見られそうです。日本の解説は素晴らしいですね。
    今年の欧州選手権は、国としてオリンピックに出られないロシアのモスクワ開催で、ちょっとある種独特な地元上げ雰囲気を感じます。

  • 5
    島暮らし  2018/01/20(土) 20:13:38  ID:6a11f74e0

    ツイズルでドキッとしましたが、NtMiStもレベル3だったんですねー。そこは厳しいようですが、10もたくさんあったし、その3と4の差は大きく無いと思いたいです。
    80点越えていたし、この段階の出来としては、
    これでいいんじゃないかと。。。
    ユーロのショートで神演技されちゃっても後が心配になるし。
    彼らのツイズルはほんと、いつもハラハラしてます。
    でも今季は大丈夫と思っていたらここでミスでちゃいました。
    でもここでよかった。