ヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ 欧州選手権2018 ショート演技 (解説:ロシア語・イギリス英語)

ロシア・モスクワ(Moscow)で開催された競技会「2018年欧州フィギュアスケート選手権(ISU European Figure Skating Championships 2018)」、フランス代表-ヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ組(Vanessa JAMES / Morgan CIPRES)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年1月17日
曲名:エド・シーラン「メイク・イット・レイン」   (Make It Rain by Ed Sheeran)
技術点:40.07
構成点:35.45
合計:75.52

x (Wembley Edition)
エド・シーラン

ロシア開催2018年ヨーロッパフィギュアスケート選手権の出場選手&日程。 ■開催日:2018年 1月15日 - 1月21日

(ロシア語)

(ロシア語)

(イギリス英語)

(解説なし)

『ヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ 欧州選手権2018 ショート演技 (解説:ロシア語・イギリス英語)』へのコメント (2件)

  • 1
    Da Capo  2018/01/18(木) 08:50:42  ID:776395a06

    ヴァネシプ組は、どちらかわからないけど怪我してたと聞きましたが もう大丈夫なのかな…。

    平昌では、おそらくペアも過去最高の高難度の戦いになるでしょう。どの選手も 怪我のない状態で五輪まで到達して欲しいです。

    そして カップル競技は 伝統のユーロで成績を残すことはとても大事、どうか五輪につながる 良い結果を残せますように。

    FSガンバ!

  • 2
     2018/01/19(金) 09:28:10  ID:71c929cfa

    変形ペアスピン!
    曲をイギリスの実況さんがエッジイで似合うと賞賛している。けれども前シーズンが衝撃的だったせいでワンパターンな感じ。ロシアの白人だけじゃなくアフリカ系だってクラシックバレエを踊るのに、同じような曲を選択するのは両人に合う曲がほかにないのかな?