マリア・ソツコワ スケートカナダ2017 ショート演技 (解説:ロシア語・イギリス英語)

グランプリシリーズ第2戦、カナダのサスカチュワン州レジャイナ(Regina, SK)で開催された「スケートカナダ2017(ISU GP Skate Canada International 2017)」、ロシア代表-マリア・ソツコワ(Maria SOTSKOVA)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2017年10月27日
曲名: ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー バレエ音楽『白鳥の湖』より「ワルツ」 (Swan Lake by Peter I. Tchaikovski).
技術点:34.39
構成点:31.71
合計:66.10

カナダ・サスカチュワン州レジャイナ開催、グランプリシリーズ第2戦スケートカナダ2017(カナダ大会)の大会情報、出場選手&結果。男子シングルは宇野昌磨が優勝、無良崇人が12位、女子シングルは本田真凜が5位、本郷理華が6位。

(ロシア語)

(ロシア語)

(イギリス英語)

(アメリカ英語)

『マリア・ソツコワ スケートカナダ2017 ショート演技 (解説:ロシア語・イギリス英語)』へのコメント (11件)

  • 1
    もう一人の通りすがり  2017/10/28(土) 06:50:15  ID:7d7f4866e

    ジャンプが高っあああい!
    何とも清々しい演技。髪の毛アップにせず、白鳥系衣装でもないけれど、オリンピックまで新衣装はとっておいているのかなああ。

  • 2
    獅子吼  2017/10/28(土) 08:07:24  ID:4f1d2feca

    管理人様 動画アップありがとうございます。

    ジャンプに迫力ありますねー!
    力強く羽ばたく白鳥なんだなぁ〜♬
    衣装は前シーズンのものですよね?
    変更あるのかな、どうでしょう。
    この衣装も素敵ですけどね。

    FS、楽しみです。

  • 3
    ジャガミカン  2017/10/28(土) 09:43:04  ID:85965eeca

    なんか不当に得点低いんですよね。
    お嬢様は完璧でした。
    2Aはどう見ても回転不足だから仕方ないけど、加点は渋いし、演技構成点も31点台ってことはないでしょ。
    もうスケカナには出ないほうが良いと思う。
    ソツコワの魅力がわからないなんてどうかしてる。
    最初の部分は非常に音楽に乗れていて素敵でした。
    ジャンプも非常に良くなりました。
    あとはスピンですね。もう少し美しく見せる工夫があると、さらに演技の美しさが増しそうです。
    調子は悪くなさそうなので、フリーも頑張ってほしいですね。

  • 4
    すずs  2017/10/28(土) 16:33:15  ID:e7cd22fa8

    長身長躯で深いエッジで大きなターンを描きながら、上半身の優雅な動きが合わさると、ワルツのような曲はどこまでも映えますね。今季も期待を裏切らない、いいプログラムを持ってきました。今季から回転不足が厳しくなったので、2Aで回転不足はいずれロシア女子から出そうだと思ってましたが、ソツコワとは…(涙)

    スピン、ポジションはきれいですが、少し回転が遅くなってきてませんかね?また曲に合っていて雄大でいいと思うのですが、シニアの他の選手たちと比べてしまうと、ターンやステップが少々大味気味かなと感じました。

    堂々たるシニアGPSデビュー、やはりメンタル強いですね。台乗りもまず大丈夫そう。フリーも楽しみです。

  • 5
    yuria  2017/10/28(土) 17:24:15  ID:4cd1d85b1

    加点少なっ!
    もう、激おこぷんぷん丸状態ですわ(`ε´)
    ジャガミカンさんの言うとおりですよー
    ソツコワお嬢様の魅力がわからないかも!
    妖精チックで可憐、清楚、演技中の優しい笑顔が伝わらないのかしらー

    まあ、そもそも北米は、こういう典型的なクラシックの王道を行く美しいプロの良さがわからないのかもね・・・

    個人的には、後半の壮大な盛り上がりが素晴らしく、五輪にふさわしいプロだと思うんですが。
    ステップシークスもめちゃ素敵だし。
    最初のコンビネーションも、若干構えてるとはいえ高いしタノだから+2は出てもいいと思うんですが・・

    とりあえず、フリーがんばです。

  • 6
    傍観者  2017/10/28(土) 19:25:32  ID:ca421ce87

    技術的なことは詳しい方にお譲りして、王道のクラシックは曖昧さを撥ねつけます。彼女はワルツのリズムを理解できていないのだと思います。ワルツは頭の拍を強拍とするのが常。この演技では先頭拍がはっきりせず、何かもっさりした印象。
    第一拍をおっとりと始めてしまうとワルツは野暮ったいのですが、アイスダンス選手のワルツをいくつか拾って見てみたら、ワルツのリズムがつかめるかなと思います。

  • 7
    ソチコ  2017/10/28(土) 19:33:51  ID:b9c412599

    ロシアの優等生ですね。
    3枠をポゴリラヤと争う感じでしょうか。。
    ハイレベルな争いですが、そういう意味でも一皮向けたいですね。

  • 8
    yuria  2017/10/28(土) 22:16:38  ID:4cd1d85b1

    シングルはアイスダンスと要素が違い、着氷のタイミングなどでずれることもあって、アイスダンスほど厳密に音を取るのは難しいんですよね・・・
    そんなに音にずれているとは思えなかったけどなあ・・
    ステップシークエンスも音をちゃんと取っていたと思います。

    ただ、スケーティングがいつもより伸びていませんでした。
    プルが以前、時差でスケカナ大変だったと言っていたような。
    ロシアからは遠いもんね。
    ソツコワお嬢様も疲れていた印象がします。

    フリップの着氷で手を前にして難しい姿勢を取っていたので、この辺も評価してもらえると嬉しいなあ~

  • 9
     2017/10/28(土) 22:27:27  ID:5014fb0a0

    この曲は「白鳥の湖」第一幕、ジークフリート王子の成人式の舞踏会で使われている曲なので、ソツコワ選手が衣装を変更するにしても白鳥風の衣装にすることはないのではないかと

  • 10
    もう一人の通りすがり  2017/10/28(土) 23:13:17  ID:7d7f4866e

    森さん、ありがとうございます。
    納得です!

  • 11
    ゴロゴロ  2017/10/29(日) 12:49:27  ID:b1df89fcf

    振り付けはオーソドックスですね。ソツコワはソツなくこなしたという感じでした。まだ表現面は物足りないです。でも見た目にノーミスは良かったです。SPもFPも似てる。