Currently set to Index
Currently set to Follow

太田由希奈 全日本選手権2007 フリー演技 (解説:日本語)

太田由希奈 全日本選手権07 FS

2007年大阪府の門真市で開催された第76回全日本フィギュアスケート選手権大会、法政大学所属-太田由希奈 (Yukina OTA)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2007年12月28日
曲名:ホアキン・ロドリーゴ 「アランフェス協奏曲 」   (Concierto de Aranjuez By Joaquin Rodrigo)

技術点:43.12
構成点:50.00
減点:1.00
合計:92.12

女子シングル・フリー得点詳細(日本語) / (英語)
女子シングル・フリージャッジスコア(日本語) / (英語)
女子シングル総合結果(日本語) / (英語)

B00BK643A6Rodrigo: Concierto de Aranjuez / Villa-Lobos: Guitar Concerto
Göran Söllscher and Orpheus Chamber Orchestra

大阪開催、第76回全日本フィギュアスケート選手権(2007年)の日程、結果、出場選手。女子シングルは浅田真央が2連覇、男子シングルは高橋大輔が3連覇を達成。*エキシビションでノービスA優勝羽生結弦(13歳)が出演。


『太田由希奈 全日本選手権2007 フリー演技 (解説:日本語)』へのコメント (3件)

  • 1
    oo  2009/04/01(水) 10:56:26  ID:91ece58b8

    管理人様、いつもありがとうございます。
    太田選手のアランフェス、ふと観たくなり、ここを視聴させていただいたのですが、素晴らしさに魅了され、溜息がでました。
    ジャンプの失敗があり、彼女にとってベストな演技では無かったでしょうけれど、曲調をつかみ音楽を解釈し表現する事に、本当に優れた選手だったのだなぁ、と改めて思いました。
    (かつての「ツィガーヌ」はその点が特に素晴らしく、感動しました。)
    ジュニアのころから、どう魅せるのか、という事へのこだわりを持っていた太田選手、手先や視線の隅々まで気を配り、創り上げられた”スケートの世界観”に、太田選手の聡明さが表れているように感じます。
    太田選手の残してくれた演技はいつ観ても魅力的です。

  • 2
    kimmie  2009/04/08(水) 11:22:02  ID:5b81da9ff

    太田選手が引退してしまったのはとても残念ですが、
    本当にお疲れ様でした。
    インタビューでは20代の女の子ですが、
    演技をしている姿は本当に美しく、
    女性の目から見ても、ドキっとさせられる妖艶な演技です。
    この演技のイナバウアーは、音楽ともとても合っていて
    見る度に涙が出そうになります。
    フィギュアを見ていて良かったと思わせる演技です。

  • 3
    coto  2010/03/04(木) 15:54:40  ID:4926d5130

    太田由希奈さんが 怪我をされていなかったら
    トリノOPか 今回のバンクーバーOPで メダル争いを
    していたのだろうな・・・と思うくらい 手の指先から足の爪先まで
    全身から作り出される表現力、スケーティングとも とても美しいですね
    音楽を表現する力は、どこ国の誰よりも優れていると思います。