マクシム・コフトゥン ロシア選手権2019 フリー演技 (解説:ロシア語)

ロシア モルドヴィア共和国サランスク(Saransk)のアイスパレスで開催されたロシア国内競技会「2018-2019ロシアフィギュアスケート選手権(2019 Russian National Figure Skating Championships)」、マクシム・コフトゥン(Maxim KOVTUN)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2018年12月21日
曲名:ジョルジュ・ビゼー 歌劇『カルメン』より (Carmen by Georges Bizet)
技術点:94.31
構成点:93.14
減点:1.00
合計:186.45

ロシア モルドヴィア共和国サランスク開催、2018-2019ロシアフィギュアスケート選手権の出場選手、日程&結果・動画リンク。女子シングルはアンナ・シェルバコワ(14歳)が四回転ルッツ成功し優勝、男子シングルはマクシム・コフトゥン、ペアはタラソワ&モロゾフ組、アイスダンスはシニツィナ&カツァラポフ組が優勝。

(ロシア語)

(ロシア語)

『マクシム・コフトゥン ロシア選手権2019 フリー演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (12件)

  • 1
    ブログ  2018/12/22(土) 06:35:00  ID:d5428625b

    なんと力強いカルメン・プロ。
    繊細派のグループと違ってこれはこれで迫力あります。
    荒い部分をもうちょっと完成に向けて作り上げて欲しいな。

    男子アメリカ・日本へロシアも加わったとみていいのかな。

  • 2
    いちじく  2018/12/22(土) 08:45:00  ID:3ec08c296

    コフコフ優勝おめでとう!

    渾身のカルメンかっこよかったです。
    コレオ弾けすぎてて思わず笑ってしまった。
    以前はちょっと迷うような感じだったけど、しっかり芯の通ったスケートをするようになりました。
    タラ婆も立って号泣です。
    そりゃ嬉しいよね。

    次はユーロ、楽しみにしてます。

  • 3
    yuria  2018/12/22(土) 09:41:32  ID:00e828767

    コリャダくんのバレエダンサーのような美しい動きとは違い、男らしさ満載のカルメンでした
    長身なので、見栄えがします
    ゴールドの刺繍がゴージャス

    4サルのタイミングを変え、筋肉をつけ、軸をまとめ、以前よりかなり変化しました
    ウスペンスキーコーチさすがです
    コンボ決めたとき飛び上がって吠えていたのには笑えたけどww
    タラ婆、マフラーが青だわ、珍しい
    タラ婆とブヤノワは以前もフェンス脇で吠えててww
    コフコフが可愛くて仕方ないのかも
    サマリン君とソフロフスカヤコーチとの関係もそうですねが、包み込むような優しさ、母性愛ですかね?

    ソチ五輪はコフコフが出ると思ってたんだけど、プルにかっさらわれて、ロシアチャンプとしてプレッシャーをかけられ、苦しんだ時期がありました
    もうラジオDJとして生きていくのかと思ってたよ(ごめん)

    まるで生まれ変わったみたい
    目つきも野性的で精悍になりました
    復活、いや優勝おめでとう!

  • 4
    しろくま  2018/12/22(土) 10:02:35  ID:ff1fab242

    タラママと泣きました!
    ヤグディンによしよしされてて、かあいらしかった^^
    てか、コフコフなんという復活劇なんでしょう!
    まじでびっくりしました。
    こんな心を揺さぶる演技ができるまでになって胸熱です。
    そして今季のベストコスチューム賞でしょう〜
    振付もかっこいい〜〜〜コフトンには王道プロが
    合うってはじめて思いました。
    めちゃ素敵でした!

  • 5
    傍観者  2018/12/22(土) 10:36:12  ID:91341b087

    冒頭から続く彼独特のパワージャンプが戻り、ゾクゾクしました。レオノワといい、このような状況下で懐かしい名前を見つけるのは嬉しい限りですね。

    完全に余談ですが、ロシアンのカルメンをたて続けに見ていると、ハビエルのカルメンが見たいという欲求が頭をもたげてくるのですよね。それがどんなにいい演技でも。ハビには演じるための素地のすべてがあるから。困ったもんだ。

  • 6
     2018/12/22(土) 10:49:55  ID:8fa97da5c

    優勝おめでとう!
    出る試合全部調子がいいですからこの強さは本物ですね
    ユーロもですが是非ワールドでトップを目指して欲しいです。

  • 7
    ahora  2018/12/22(土) 11:11:32  ID:04ab797d5

    演技と容姿に年相応の貫禄が出て来ました。
    以前は、クワドは成功するのに後半ジャンプ抜ける残念なコフトン君でしたが、人って、こんなに変われるもんなんですね。

    ロシア人はカルメン好き?
    日本人がオペラ座の怪人好きなように?

  • 8
    たらこ  2018/12/22(土) 14:40:03  ID:5ae9c5e60

    嬉しい演技でしたー。確かにジャンプを跳ぶタイミングが以前より早いかも。
    何がいったいコフくんをここまで変えたんだろう~。
    ブレジナくんのようにご結婚などはないのかな。
    やはりソチの時の悔しさもあるのかなあ。
    あの時は本当にコフくんもタラソワさんも気の毒でしたもんね。
    タラママは優しいな。ソチの真央ちゃんの時もあんな感じで放送席で観てたんだろうなあ
    タラママ、長生きしてねー。
    メドちゃんにもきっといつかこんな日が来るよー。

  • 9
    なな  2018/12/22(土) 15:16:33  ID:b07e8e63f

    謎の感動w
    いやー振付も衣装もかっこいいコフトゥンがここにきて観られるとは…
    本当によかった!

  • 10
    なっこさん  2018/12/22(土) 18:49:25  ID:34bcd5178

    コフコフ おめでとう!
    (^^♪ (^^♪ (^^♪

    エネルギッシュで男らしい!!かっこいいよぉ~~! 泣!

  • 11
    かやの  2018/12/22(土) 22:40:13  ID:5205d20fc

    身体も大きくなって、気迫を表すようになって、一皮剥けましたね。見てて迫力満点!
    4回転のあの重厚な迫力!
    ヤグディンみたい。ユーロ、世界選手権で見たいです。おめでとう。

  • 12
    慈善家  2019/01/27(日) 05:52:33  ID:952c05bd6

    かっこよかった!衣装もいい
    彼は繊細な性格なんでしょうね 羽生選手が怪我した昔の
    中国杯の時「よし勝てる」とか思わず
    「楽しくない 恐ろしい大会だった」と言ってたし自分が勝っても喜ばなかったから
    その繊細さが勝負強さを邪魔していたかもしれないけどたくましくなりましたね