マックス・アーロン 国別対抗戦2015 ショート演技 (解説:日本語)

マックス・アーロン 国別対抗戦2015

東京渋谷区の 国立代々木競技場第一体育館で開催された「世界フィギュアスケート国別対抗戦(ISU WORLD TEAM TROPHY 2015)」、アメリカ代表-マックス・アーロン
(Max AARON)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2015年4月16日
曲名:ルチアーノ・パヴァロッティ 「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」   (Nessun Dorma (from “Turandot”) by Giacomo Puccini, performed by Luciano Pavarotti)

技術点:39.93
構成点:36.15

合計:76.08

東京開催2015年世界フィギュアスケート国別対抗戦の出場選手、日程、結果。日本からは羽生結弦、無良崇人、宮原知子、樋口新葉、古賀亜美&フランシス・ブードロ・オデ組、キャシー・リード&クリス・リード組が出場。アメリカ優勝、ロシア2位、日本3位。

(日本語)


(6分間練習)

『マックス・アーロン 国別対抗戦2015 ショート演技 (解説:日本語)』へのコメント (3件)

  • 1
    ジャガミカン  2015/04/16(木) 22:13:14  ID:de6dde6dd

    アーロンの挑戦は評価したいですが、よりによってトゥーランドット。
    日本人にはなじみの荒川さんの勝負曲。
    オペラを入れたことにより、重さが増して、ショートには不向きな選曲に思えてしまいます。
    フリーで使えば良いのにと思いました。
    これをしっかりと表現するためには、現段階ではアーロンには難しそうですね。
    アメリカ男子は4回転に引っ張られ過ぎて、ブラウン以外は取りこぼしが多すぎる。
    3Fが4回転になると5点くらい得点を上げられますが、スピンやステップで同じだけ取りこぼしては意味がない。
    4回転を外せばよいということではなく、バランスが大事だと思います。
    すべてレベル4で4回転も完璧というのは無理でも、バランスを取って得点は稼ぎたいですね。
    トゥーランドットをしっかりと滑れるようになると良いです。

  • 2
     2015/04/17(金) 16:59:04  ID:7e73a4e65

    アーロン君のショートの復活、管理人様ありがとうございます。
    なんだかますます逆三角形の身体になっちゃって
    きっと全米から練習積んできたんでしょうね。
    来年はボストンだったかな、代表になりたいですから。
    本当にスピンのレベル取りこぼしはなんとかしないダメですね。
    この新しいプログラム、私もびっくりしましたが何故か感動しました。
    アーロン君の最大の課題はPCSなので、本当に試行錯誤中なんやね。
    ステップのミスもよくあるのだけど、上手くなってるのは確かなので
    頑張って欲しいです。新しいプログラムなので4Sのミスは仕方ないけど
    マイナス大きいな。フリーも新プロでしょうか、頑張って欲しいです。
    カッ飛びアーロン君、笑顔で終えられたらいいですね。
    フリーも新プログラムでしょうか、楽しみです。

  • 3
    Gonta  2015/04/18(土) 07:11:40  ID:186c96ba7

    彼の競技スタイルは全面が個性と言えば言えなくもない。
    トップ3とは明らかに目指す路線がちがうのも承知。
    フィギュアはスポーツである、男性・筋肉美である・・。
    SP衣装も白で強調しよう・・。
    ボストン大会、きっと出場も視野に。