マックス・アーロン 国別対抗戦2015 フリー演技 (解説:なし)

マックス・アーロン 国別対抗戦2015 

東京渋谷区の 国立代々木競技場第一体育館で開催された「世界フィギュアスケート国別対抗戦(ISU WORLD TEAM TROPHY 2015)」、アメリカ代表-マックス・アーロン
(Max AARON)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2015年4月17日
曲名:クリント・マンセル 映画「ブラック・スワン」より  (Black Swan soundtrack by Clint Mansell)

技術点:76.29
構成点:75.14

合計:151.43

ブラック・スワン オリジナル・サウンドトラック
The Triffids


東京開催2015年世界フィギュアスケート国別対抗戦の出場選手、日程、結果。日本からは羽生結弦、無良崇人、宮原知子、樋口新葉、古賀亜美&フランシス・ブードロ・オデ組、キャシー・リード&クリス・リード組が出場。アメリカ優勝、ロシア2位、日本3位。

(解説なし)

『マックス・アーロン 国別対抗戦2015 フリー演技 (解説:なし)』へのコメント (6件)

  • 1
    marsa  2015/04/19(日) 00:06:20  ID:aa1d2fd90

    「ミルズ先生振付のバレエプロbyアーロン」てどうなの?って期待と不安半々で見たのですが、なかなか面白いプロですね。
    曲が盛り上がって終わるのかと思ったら、コレオシークエンスが残ってたみたいな変な編曲でインパクト有り。
    アーロンくんもすごく頑張ってる感が伝わってきて好印象です。滑りこんで新境地を開拓して欲しいです。応援しています。

  • 2
     2015/04/19(日) 06:48:04  ID:4e303e5d7

    アーロン君のブラックスワンにびっくりしたのですが
    ミルズさんの振り付けなのですか。
    教えていただいてありがとうございます。
    ジャンプは新プロなのでいずれは仕上げてくると思いますが
    なんとか頑張って欲しいです。
    アメリカの選手はみんな好きです。だからユーロより全米が楽しみです。
    冒頭のアーロン君の真剣な表情に代表今度こそかな。
    カッ飛びアーロン君、頑張れ!

  • 3
    ジャガミカン  2015/04/19(日) 10:00:33  ID:40d2d8db3

    アーロンのイメージとは違う選曲ですね。
    しかし意外にもはまってる気がします。
    来シーズンはかなり攻めている選曲。
    スタートがみんなよりも早いから、シーズン序盤から仕上がった状態で入れると良いですね。
    評価は急に上がるものでもないから、徐々に上げて、好成績を積み重ねて上げていきたいです。
    ジャンプはキレイだし、2Aを3Fに出来れば、4回転を増やすなど、無理しなくても良いかなと思います。
    残りの2Aをリカバリーとして、3Aか3Lzが2回転以下になったときに挑戦できるように残せばよいのかなと思います。
    最近のトップ選手は予定ジャンプを失敗しても当たり前のようにリカバリーしてきますからね。
    衣装はわざとらしく、ヒラヒラさせるのを腕につけても面白いかなと思います。
    アーロンは筋肉質なので、衣装を間違えると、ブラックスワンにならなそうですが、こういう曲は特に衣装が大事だと思うのでしっかりと考えてほしいですね。

  • 4
    ちづるん  2015/04/21(火) 00:01:34  ID:4470f112c

    SPも含めて、アーロン選手の挑戦に感動しました。
    まだできたばかりのプログラムだと思うので、
    取りこぼしなど仕方ないですが、
    SPの時から、指先の表現が以前と違うと感じました。
    なるほど、ミルズ先生のご指導なのですね。
    このブラックスワンも素敵で、
    アーロン君ティムシェル来た!って思ってしまいました。
    すみません。
    アーロン君らしい衣装ですが、
    私的にはこのままでもバレーダンサーっぽくって素敵。
    でも、今までと違うイメージの衣装も見てみたいです。
    やっぱり王道って良いですね。
    アーロン君が王道やるから面白いのかも。
    この試合だけでは何とも言えませんが
    PCSも上がっていて、ご本人もコーチもそれを喜んでいるように感じました。
    来季が楽しみになりました。

  • 5
    Gonta  2015/04/25(土) 20:29:56  ID:dfe9512e1

    闘いおわって今頃、皆さんのコメント頼りにゆっくり見直してます。
    あまり好きなタイプでない、ゴメン、マッチョな上半身を誇示するかのような
    白系コスチューム(SP)の印象か。
    今回の「ブラックスワン」も期待せず観たら、ズバリ好きです(変わり身の早さ)。
    黒い衣装は彼には最大限似合ってる。
    F・ミルズ氏振付なんて埼玉ワールド、「エデンの東」マッチーとの抱擁
    思い出ではありませんか。
    かなりミルズ氏直伝のバレエ表現ご指導あった予感。
    フィギュアスケート、しかもアーロン選手用に焼き直した良いプロです。
    エンディングのあとにおまけがついた1番様のような印象と同じ。
    持ち越しでさらに滑りこめばかなり得点にもつながりそう。

  • 6
    Gonta  2015/04/25(土) 23:31:31  ID:dfe9512e1

    5番 訂正ほか
    振付師の頭文字はFでなくPでした。 Phillip Mills
    彼は小柄で体操→ABT(アメリカン・バレエ・シアター)の経歴。後フィギュアの振付師へ。
    奥様も同業者(バレエ)。この情報も間違ってたら訂正願います。
    「白鳥の湖」のオリジナル版なんてお手のものでしょう。