エフゲニー・プルシェンコ マーシャルズ・ショーケース2006 (解説:アメリカ英語)

エフゲニー・プルシェンコ マーシャルズ・ショーケース2006

2006年アメリカのサウスキャロライナ州・グリーンビル(Greenville)で開催されたアイスショー2006 Marshalls U.S. Figure Skating International Showcase、エフゲニー・プルシェンコ(Evgeni PLUSHENKO)の演技動画です。映像はアメリカabcで放送されたものです。実況は、テリー・ガノン(Terry Gannon)、解説はディック・バトン(Dick Button)とペギー・フレミング(Peggy Fleming)です。


Date:2006年4月11日
曲名:エドウィン・マートン 「トスカファンタジー」   (Tosca Fantasy by Edvin Marton)



B000RZGF5WStradivarius
Edvin Marton


『エフゲニー・プルシェンコ マーシャルズ・ショーケース2006 (解説:アメリカ英語)』へのコメント (3件)

  • 1
    maoちゃん大ファン  2009/06/02(火) 08:15:08  ID:194535be1

    プルシェンコ選手、ステップのスピード、足さばきがすばらしいですね
    オリンピックシーズンに復帰ということで、どんな演技をみせてくれるか
    楽しみです。
    一部の4回転回避の今の流れを払拭してくれるのではと期待してます

  • 2
    タマ  2009/06/22(月) 10:54:02  ID:6fb80a07e

    昨日Passionという雑誌のプル様のコメントで、嬉しいお言葉がありました。
    一部ですがご紹介しますね。
    「来シーズンはみんな4回転が必須になるだろうね
    2002年のヤグディンは、プロに2回転クワドを入れた。
    今のプロはみんな同じに見える。
    みんな同じステップ、同じ作戦、それではダメなんだ!今年はみんなクワドに挑戦するだろうね!」
    といった内容でした(抜粋)
    なんだか、溜飲を降ろした気分でした
    男も黙って・・・ではないですね。ありがとうプル様!
    鶴の一言ならねプルの一言ですね

  • 3
    t  2016/06/03(金) 18:41:44  ID:35c2edcb3

    こんにちわ~