シンシア・ファヌフ スケートカナダ2008 ショート演技 (解説:ロシア語・カナダ英語)

シンシア・ファヌフ スケートカナダ2008 ショート

2008年グランプリシリーズ第2戦、カナダのオタワ(Ottawa)で開催されたスケートカナダ(Homesense Skate Canada International 2008)、カナダ代表-シンシア・ファヌフ
(Cynthia PHANEUF)の
ショートプログラム演技の動画です。映像はEuro Sportで放送されたものです。英語の映像はカナダで放送されたものです。実況はスコット・ラッセル(Scott Russell)、解説はトレイシー・ウィルソン(Tracy Wilson)とカート・ブラウニング(Kurt Browning)です。


Date:2008年10月31日
曲名:アーロン・ロザンド(演奏)/フレデリック・ショパン(作曲) 「ノクターン第20番 嬰ハ短調(遺作) 」Nocturne No. 20 In C Sharp Minor, Op. Posth (arr. N. Milstein) - Szymanowski: Nocturne - Chopin: Nocturnes - Wieniawski: Capriccio-Valse (Nocturne No. 20 in C sharp minor by Frédéric Chopin performed by Aaron Rosand)
技術点:23.38
構成点:22.68
減点:1.00
合計点:45.06


iconMy Legacy: Rosand


2008年ISUグランプリ スケートカナダ 出場選手一覧&結果

(ロシア語)


(カナダ英語)

『シンシア・ファヌフ スケートカナダ2008 ショート演技 (解説:ロシア語・カナダ英語)』へのコメント (2件)

  • 1
    ぁぃぅ  2008/11/01(土) 12:54:29  ID:7daeb0415

    カナダのアイドル・スケーター、ファヌフ。
    ネーブ・キャンベルに似てる…

  • 2
    エピ  2008/11/01(土) 19:57:30  ID:93a51fea6

    真央さんが、とても可愛く優雅に踊った第2番のノクターンと同じ20才の時に作曲して姉のルドヴィカに贈ったこの曲はとても多くのピアニストの愛好する人気曲ですが、この曲を踊るに相応しいスタイル美形のファヌフ、、ジャンプがとても惜しかった。失敗がなければこの雰囲気の演技ならさらに上位に上がったでしょう。名演してくれれば、泣かされる曲なんですよ!!