木原万莉子 全日本選手権2017 ショート演技 (解説:日本語)

東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開催された国内競技会「第86回全日本フィギュアスケート選手権大会(2017–18 Japan Figure Skating Championships)」、木原万莉子 (Mariko KIHARA )のショートプログラム演技の動画です。


Date:2017年12月21日
曲名:レディオヘッド 「クリープ」  (Creep by Radiohead)
技術点:29.96
構成点:25.54
合計:55.50

The Essentials
Scott Bradlee’s Postmodern Jukebox

東京都調布市開催、第86回全日本フィギュアスケート選手権(2017年)の出場選手、日程&結果。男子シングルは宇野昌磨、女子シングルは宮原知子が優勝。*羽生結弦は右足首負傷のため欠場

『木原万莉子 全日本選手権2017 ショート演技 (解説:日本語)』へのコメント (4件)

  • 1
    ジャガミカン  2017/12/21(木) 22:06:21  ID:399fdbaaf

    最後の全日本ということは今年で引退なんですかね?
    悲しいですね。
    なかなか良い表現なんですけどね。
    顔とか仕草とか決まっているんですけどね。
    しかし現実を考えると優秀な選手が増えてきた昨今、強化選手になるのも大変です。
    後悔ない演技が出来ると良いです。

  • 2
    Da Capo  2017/12/22(金) 14:21:54  ID:b202cfeb7

    ミスはあったものの、このプログラムとても素敵です。振付も好み♪
    昨季までのさくらのSPも良かったけど、これはしっとり色っぽい大人のプロですね。髪型も似合ってます^^

    彼女も難病を乗り越えて復活した選手。
    拠点を変えたり 苦労もあったでしょうに、毎年全日本に出てきて 魅せてくれる。十分素晴らしいことだと思います。

    引退しちゃうのかぁ…代表選考に焦点が行きがちだけど、全日本は 大学生くらいの年齢のスケーターにとっては そこを目標にしてきた選手たちの集大成・晴れ舞台でもあるのですよね。

    FSも頑張って欲しいです。年明けのフィギュアスケートTV!で取り上げてくれないかなぁ。。。

  • 3
    グリーン  2017/12/22(金) 22:53:03  ID:1a729b5bc

    才能があり注目されてきた選手でした。
    病気でなかなか身体が思うように動かず、成績も出ないので、この全日本を最後に引退を決意したのかな。
    このプログラムでもよくわかるように、丁寧で表現力が豊かな、個性的な選手だと思います。
    ジャンプがうまくはまらないと点数がでないので、このような才能豊かな選手が引退してしまうのは非常に残念です。
    でも木原選手は人一倍スケートが大好きだと思うので、いつかなんらかの形で戻ってくるかな?
    最後の彼女の渾身のフリーが楽しみです。

  • 4
    わんこ  2017/12/23(土) 02:02:52  ID:695ad556d

    今までの木原さんのイメージとは全く違う選曲と演技に魅入りました!
    全日本の中でも個性が際立ったプログラムで印象に残りました。
    来季が楽しみ♪と思わせておきながら現役引退なんて・・・(T_T)