新田谷凜 全日本選手権2017 ショート演技 (解説:日本語)

東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開催された国内競技会「第86回全日本フィギュアスケート選手権大会(2017–18 Japan Figure Skating Championships)」、新田谷凜 (Rin NITAYA)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2017年12月21日
曲名:ジョルジュ・ビゼー 歌劇『カルメン』より「ハバネラ」   (Habanera from Carmen by Georges Bizet)
技術点: 34.77
構成点: 26.51
合計:61.28

FILIPPA GIORDANO
フィリッパ・ジョルダーノ

The New Sound of Maria Callas
マリア・カラス


東京都調布市開催、第86回全日本フィギュアスケート選手権(2017年)の出場選手、日程&結果。男子シングルは宇野昌磨、女子シングルは宮原知子が優勝。*羽生結弦は右足首負傷のため欠場

『新田谷凜 全日本選手権2017 ショート演技 (解説:日本語)』へのコメント (1件)

  • 1
    S  2017/12/22(金) 22:13:05  ID:945ba682c

     ほんと、ノーミス決めると、嘘みたいな5コンポになる。各項目のバランスが素晴らしい!。スケート始めたばかりの子に「こういうスコアを目指してね」って言いたくなる。 
     フリーもきっちり決めて。ばんばん海外派遣されておかしくない選手なんだから、あなたは。