長洲未来[ミライ・ナガス] ゴールデンスケートインタビュー (2017/7/11-英語)

2017/2018五輪シーズンに突入し抱負を語る長洲未来[ミライ・ナガス]のインタビュー動画です。映像はGolden SkateのYoutube公式チャンネルで配信されたものです。


『長洲未来[ミライ・ナガス] ゴールデンスケートインタビュー (2017/7/11-英語)』へのコメント (4件)

  • 1
    FSF  2017/07/17(月) 01:58:53  ID:be5694909

    インタビューを和訳してみました。長文なので、フレット氏の質問はできるだけ省略・短縮しました。意訳ありです。修正、補足など歓迎です。ご参考までに…。
    *****

    テッド・フレット=T、ミライ・ナガス=M

    T: 2008年に全米チャンピオンの座についてから今季で10周年記念ですね。おめでとうございます。

    M: ありがとうございます。でもそれってあまり嬉しくないかも(笑)。

    T: (笑)。エフゲニア・メドベデワとSPの楽曲が同じだとか(ショパンの『夜想曲第20番』)。GPSで同じ曲を滑ることについて。

    M: 世界チャンピオンと同じ曲を滑るのはプレッシャーがかかります。でも昨季1年間演じたSPですし、この曲は大好きです。メロディが同じでも編曲や演奏楽器が違うでしょう。それに、明らかにスケーティングのタイプが違います…私は3+3+3は跳べないし。卑下するわけじゃなく、タイプが違うってこと。私は自分の滑りを目指します。そう、2種類のケーキって感じですね。

    T: 昨季のプログラムは最高でした。SP『夜想曲20番』をどう思いますか?

    M: 初めて聞いた時はこんな暗い曲は滑れないと思ったけど、ジェフ(バトル)が推したので。今では大好きな曲です。耳に残る美しい曲。スローな曲は無理だと思っていたけど、私の違った一面が引き出されます。昨季1年間演じ、もっとうまくやれると感じたので持ち越すことにしました。改善していくのが楽しみです。昨季は序盤に70点台を出せたので今季はより高得点を目指します。

    T:: 改善点は?

    M: コンビネーションに加え、スピン後に跳ぶ後半のジャンプ2本が難しくて。まだ精神的ブロックがかかっている状態ので、がんばって乗り越えたいです。昨季は試合で思うようにクリーンな演技ができなかった。だからプログラムをしっかり演じきった上で評価してもらえるようミス無く滑りたいです。

    T: 全米では自他共に認める完璧なコンビネーションでしたね。あれ程プレッシャーのかかる場面で。プレッシャーはありましたか?

    M: 当然、ありました。世界選手権に出場したい一心でトレーニングしました。おかげで四大陸では思い通りの演技ができました。全米は、世選・四大陸・今季の五輪出場の選考基準となるので重視していました。それだけにプレッシャーがかかってしまった。最初のジャンプは絶対決める気で何度も練習したけど、ループはちょっと練習不足でした。得意なジャンプなのに残念。失敗を練習につなげます。

    T: 2014年、全米選手権で銅メダルを獲りながら五輪出場はなりませんでしたね。全米が選考条件だとされていたのに。あの件にこだわりは無いですか?

    M: 全くありません。全米にはもう何年も出場していて楽しみにしています。自国大会だし会場は素晴らしいし国内最高峰のスケーターが集まっている。アメリカ人として誇りを感じます。全米は最高の大会。もちろんプレッシャーは感じるけど、私たちの大会なので出場したいです。

    T: 有望な新人が出て来る中、全米に出場し続け、特に素晴らしいSPで競争力を保っていますが、その原動力は?

    M: 自分を信じているので。全米チャンピオンのタイトルはひとつだけですが、毎年出場してトップ10に入っています。米国でトップ10に入り続けること自体、ひとつの業績だと思います。もちろん、努力して世選に出場したいし、それを目標にしていますが、トップ10に入ってることを誇りに思います。

    T: シーズン直前は、どう過ごしましたか?

    M: 少し休みを取って、ジャンプの練習をしました。カナダから戻ったところです。新しいFSをバラしちゃうと『ミス・サイゴン』です。五輪仕様で内容が濃いので仕上げはまだこれから。難しいプログラムですが、何事もトライする事が好きなので。シーズンが始まるのが楽しみです。

    T: SP同様、こちらもジェフの振り付け?

    M: はい(微笑)。 実はマックス・アーロンが私の希望する曲を選んでいたんです。それでジェフが「じゃあ『ミス・サイゴン』だ」って(笑)。マックスは私が同じ曲を望んでいたとは知らなくて。(マックスを指さして)あ、あそこに居る(笑)。選んだのはマックスが先ですしね。でも『ミス・サイゴン』の曲目を聞いて『サン・アンド・ムーン』が私にぴったりだと感じたんです。

    T: 素晴らしい曲ばかりなので、選ぶのは大変でした?それとも編曲はジェフにお任せ?(ミライのジェスチャーを見て)お任せですね(笑)。『ミス・サイゴン』は観ましたか?

    M: まだです。『蝶々夫人』に基づいていると聞いてます。『蝶々夫人』は以前演じたのでよく知っています。完全燃焼できなかった『蝶々夫人』に再び挑む気持ちで、最高の『ミス・サイゴン』を演じたいです。

    T: YouTubeで他の選手が演じた『ミス・サイゴン』を観たりは?

    M: (宮原)知子が以前演じたのは知っています。素晴らしかった。私のプログラムは最高の競技仕様で歌詞は入っていません。入るとショー的要素が濃くなると思います。『デーモンズ』などショー的なプログラムを試合で演じて来ましたが、今季はルーツに戻りたくて。今でも毎日バレエに通っているので今季はバレエのラインをお見せしたいです。

    T: 練習中のエレメントがありますよね。

    M: 3Aですね。難しいジャンプだけど練習は楽しいです。3Aをプログラムに組み込む箇所はありますが、まだ安定してないので練習中です。ジャンプはどれも自信があります。疲れて転倒することもあるけど、跳べることは分かっています。3Aはまだ練習中ですが自信はあります。何年も取り組んで来たジャンプなので練習を続けます。安定するよう最後の詰めを練習し始めた所です。(入れるとすれば)プログラムの始めです。

    T: リスクについてはどうですか?3Aを入れる事で完璧な演技ができなくなるという。

    M: 最初のジャンプで転倒するとつらいです。練習ではやり直しますが。試合でやり直しはできません。シーズン序盤だと練習中に転倒すればやり直しますが、大会が近づくと転倒してもそのまま続けて練習します。いつ転倒するか分からないので。クロスオーバーで転んだこともありますし。

    T: 去年のFS曲にはどれほど愛着がありますか?

    M: 昨季は意気込んで”The Winner Takes It All” (勝者は全てを得る)を選び、「勝者」になるつもりが、勝てませんでした。だからちょっと恥ずかしいんですが、あの曲は今も大好きです。デヴィッド(ウィルソン)と組むのも楽しい。チャンピオンになるべくトレーニングしましたが競技では出し切れなかった。そこが昨季と今季の違いです。今季は変わるつもりです。

    T: どうやって?

    M: 頭を空っぽにして考え過ぎないようにします。

    T: それって難しいですよね。プレッシャーがかかると特に。

    M: そうなんです(笑)。アドレナリンのせいで色んなことが頭にバンバン浮かんで困ります。

    T: 五輪シーズンを最後に引退を考える選手は多いですが、その辺は?

    M: 選手同士で話しますが、最後のシーズンは何か予告したりヒントを出そうとみんな言っています。でも個人的にはこれが最後としてシーズンに臨むのはプレッシャーがかかり過ぎます。今はジャンプのことを考えるだけで精一杯。やり遂げた時は、その時に分かると思います。体がついて来なくなる時です。

    T: リンクの外ではどう過ごしますか?

    M: 怠け者なので一日中ソファに座ってオンライン動画を観ています。冗談です(笑)。それもいいけど、学校の勉強や犬の世話があり、運動したりジムに行ったり、いつも何かやってます。

    T: 取っている学科は?

    M: 今は夏休みで学校は無し。専攻は国際ビジネス。ずっと会計学を取っていたけど財政学も取り始めたので、今後どうなるか分かりません。

    T: キャンパスやクラスで「ミライ・ナガスだ!」と言われますか?

    M: 言われません。コロラド・スプリングスですから(笑)。同じクラスを取ってるスケート選手はいますよ。休んだ時、ノートを貸してもらいます。

    T: リンクで学校の話は?

    M: もちろん、します。時々ね。マックスに経理規則の質問をして一緒に考え込んだり(笑)。

    T: GPSの出場大会は?

    M: ロシアと日本です。

    T: ロシアは今回、いつもと違って初戦ですね。

    M: ハロウィンは家に戻ってるので仮装してお菓子をもらいに行きます(笑)。ロシア大会に出たことは前にもあります。強豪ぞろいなので避けたい大会ですが、ロシアは好きな国だし旅行も好きです。飛行機にじっと乗っているのは好きじゃないですが、行った事のない国に行くのは楽しいです。どの大会も参加できるのはありがたく、光栄です。

    T: NHK杯では日本のファンに大人気ですね。NHK杯の戦績もいい。日本はどうですか?

    M: 日本は大好きです。人も食べ物も大好きだし、いつ戻っても楽しい。ロシアと同じく日本の選手も強豪ぞろい。GPSの2大会に出場でき、ありがたく思っています。

    T: GPSでのご活躍と新シーズンのご成功を祈ってます。

    M: ありがとうございます。

    *****
    以上です。

  • 2
    獅子吼  2017/07/17(月) 07:09:34  ID:5d1597825

    おはようございます。

    管理人様 動画紹介ありがとうございます。
    FSF様 いつも長文、翻訳ありがとうございます。

    大変、中身の濃い内容で読み応えがありました。

    全米チャンピオンになってから10年なんですねー。
    バンクーバーでの姿を思い起こしています。
    昨シーズン70点台を出し3Aも練習中でプログラムに組み込むことを考えている!
    進化するべく努力を重ね挑み続けてきた長洲選手の姿を
    ずっと見てきました。
    五輪シーズンの活躍を楽しみにしています。
    アメリカも競争が激しいと思いますけど
    五輪切符、掴んで欲しいです。

    応援しています。

  • 3
    Choro  2017/07/17(月) 08:48:34  ID:50bcac6d1

    管理人様、FSF様ありがとうございます。
    気になる情報がたっぷりで嬉しいです。

    未来ちゃんのミスサイゴン素敵だろうな。SPもFSも何か原点に立ち返るような味わい深いプログラムになりそうで楽しみです。
    アーロン選手とかぶっていたという曲がなんだったのか少し気になりますがまたすぐわかるでしょうね。

    昨季の四大陸のFSのガッツポーズと久しぶりの自己ベスト更新は本当に感動しました。良い時も悪い時も長く頑張ってきた未来ちゃんが、この五輪シーズン思いっきり力が出し切れるよう願っています。

  • 4
    あいけ  2017/07/17(月) 09:57:17  ID:ab10fe53f

     管理人様、動画紹介ありがとうございます。 そしてFSF様、ご自身の時間を割いての長文和訳、ありがとうございました。 とても分かり易く、また読み応えありますね。 長洲選手は自身のことを語っているのですが、競技生活を続ける多くのアスリートの心情としても受け取れる内容でした。

     皆さんもおっしゃっている通り、若くしてOPや全米で結果を出し、浮き沈みしながらも学業と両立して続けてきた長洲選手。 昨季は自己ベスト更新と、調子が上向きなのが嬉しいです。 GPS、NHK杯ではおなじみ。
     成熟した未来ちゃんの魅力が、激戦接戦の全米で花開いて、その後につながりますように。