Currently set to Index
Currently set to Follow

羽生結弦 卒論終え コロナ禍の現在地 (2020/8/25)

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、『コロナ禍の今』について語った羽生結弦のインタビュー動画です。映像は日テレNEWSのYoutube公式チャンネルで配信されたものです。



*取材は2020年8月12日に行われました

0:00 感染拡大が続く今について

羽生:不思議だなって思っています。自分の中で。
なんかこれから、世の中が変わっていくのかなぁ?とか、
でもその変わり方が、どういう風に変わるのかなとか。

0:24 羽生選手が感染拡大を実感したのは今年韓国で行われた四大陸選手権(2020年2月4-9日)

羽生:体温計って(会場に)入ったりとか、
みんなマスクしていなきゃいけなかったりとか、

0:49 試合直前までマスク着用は初めてのこと

羽生:かなり重々しい空気もありましたし、
これは本当に大変なことなんだなっていうのを、
ずっと感じながら試合をやっていたので。

1:06 今年の世界選手権は中止。シーズンは突然終わってしまった。

羽生:世界選手権がなくなった時は、
あのう勿論なんだろう、モチベーションの喪失感みたいなものはありましたし、
逆にホットしたという気持ちもすごくありましたし、
試合に出るのも怖かったんですよね。あの時は。

1:38 現在、感染対策に取り組む日々

羽生:出来る限りのところではマスクをして、
出来る限りのところは消毒してみて・・・

1:50 感染対策は練習中も

羽生:なにするにしても「あ、これ大丈夫かな?」とか「あれ大丈夫かな?」
ということを常に脳裏にチラついているというか、
練習にしっかり集中できないというのはありますね。

2:05 スケート靴はウイルスが多い床との接触が多いため、練習の時は靴の手入れが必要

羽生:スケート入る時、エッジケースを外して
あの、おでこに付けるじゃないですか。
ああいうのも、結局もう床にすごい触れちゃってるので、
すごい気を付けたりとかもしなきゃなとか思ったりとか。
この状況では怖いなと思っています。

2:32 例年6月に決まる新シーズンの出場試合も正式発表はなく、不透明な状況

羽生:まあ、本当に始まるのかな始まらないのかなって気持ちも、まぁなくはないですし

2:49 夏のアイスショーも中止、練習時間も削られる中、羽生選手が動いていたこと

羽生:勉強してました。ひたすら(笑)

3:02 早稲田大学の通信課程で人間情報科学を選考し、スケートと両立。卒業論文を書いていた

羽生:フィギュアスケートにおいて、モーションキャプチャー技術というのはどれだけ使えるのかというのと
あとどういう風な展望があるのかっていうのをまとめた論文です。基本的に

3:28 羽生選手の卒業論文

羽生:練習する時間が少なくなってしまったからこそ、勉強にすごい集中できてて
自分の論文が完成させられたことが、一番動いたことかなと思います

4:22 卒業論文は7月末に書き終え、現在スケート練習に集中 世界初4回転アクセルに取り組む

羽生:自分が一番、なんだろ。
今スケートをやっていて、大事にしなければいけないのは、
アクセルだと思っていますし、
ある意味この時間は原点に返って、
なんか今まで自分が多くの先生に習ってきたことを考え直しながら、
練習できる時間にはなってきているかなと思っています。

5:04 感染拡大が続く現状について

羽生:医療の最前線で本当にウイルスと戦っている方々って
すごく大変だなってことは常日頃感じていて、
雇用主の方々、本当に生きるためにどうしたらいいかって思いながら
でも雇っている方々をなんとか養わなければいけないってことがあったり、
本当に苦しい世の中だと思うんですよね。

5:39 この状況で自分にできることというのは?

羽生:パンデミック、また第2波という状況と闘わなきゃいけないのは
多分僕たち一般人が一番闘わなきゃいけないと思うんですよ。
ウイルスをまずは、あの自分に感染させない。
でそこから、また広げないといすることこそが、一番の、皆さんへの応援じゃないかな
感染拡大に繋がるような行動をしないとい選択をしているだけで、
僕たちは、その回復した未来に向かって動けているんだなっていう風に思っているので

6:25 再び人々の前でスケートのできる未来へ

羽生:早くみなさんの前で思い切って、
本当に少しの不安もなく、少しの心配もなく、
自由に演技して、自由に声を出して、
自由に笑える、自由に泣ける、
そんな日が来ることを願っています

羽生結弦選手は8月28日、持病の気管支ぜんそくと新型コロナウイルス感染リスクを考慮し2020-2021年シーズングランプリシリーズの欠場を発表しました。
日本スケート連盟が発表した羽生選手のコメント全文はこちら(*PDFファイル)

『羽生結弦 卒論終え コロナ禍の現在地 (2020/8/25)』へのコメント (8件)

  • 1
    える  2020/08/30(日) 23:38:34  ID:93a34bc03

    この放送の後に羽生選手の今シーズンGPシリーズの欠場が発表されたわけですが、GPFが12月の北京ではしょうがないですね。このインタビューにもあるとおり、今年の四大陸選手権に出場して新型コロナウィルスの不気味さを誰よりも速く肌で感じていたのも貴重な経験でした。以前から羽生選手の新型コロナウイルスに対するリスクの高さを心配していたので、おそらくは家族や関係者と十分に話し合ったことによって得られたこの結論に一安心です。

    この負の面を、卒論の完成に向けてプラスにできたのも素晴らしいですね。実は入学から7年?経ってしまって、中々卒業できないのでこのまま退学もあり得ると心配していましたので、このステイホームをプラスに活用し卒論も提出できたのは良かったです。

    ただ、モーションキャプチャー技術なら指導教官側から新しい技術提案もあっても良かったと思います。しかし、この状況で未経験の技術導入はうまく動かないときに誰からもサポートが受けられないので卒論としてはこうなったのも理解できます。

    ちなみに関連技術で重要そうなのは、Real time body tracking で、こんな製品もあるようです。
    deepmotion.com/3d-body-tracking

    最近出た話では Google AI Blog の記事、
    ai.googleblog.com/2020/08/on-device-real-time-body-pose-tracking.html

    などが羽生選手の今後につながるかもしれませんね。

    マーカーなしでそのままの演技動画を使ってリアルタイムに動きを解析できるこの技術はフィギュアスケートにとって意外と重要そうです。フィギュアスケートは審判の目より動画を重視する傾向にあるので、回転不足判定等に今後他のスポーツに先んじて取り込むことになるかもしれません。

    ともかく、卒論を切っ掛けに取り込んだこれらの技術とコロナウイルス下の状況を活用して、4A の実現を当面の目標に次に進んで行かれる事を願っています。

  • 2
    観戦者  2020/08/31(月) 03:10:22  ID:660a1e360

    私は基本的に、苦手なスケーターっていない。
    全員応援というわけでもない。
    羽生選手以外のスケーターは、安心して観ていられる。
    テレビ観戦ならニワカ評論家に変身し、食事とともに楽しむことができる。
    一方、羽生選手はそういう訳にはいかない。
    どうしてこんなに魅力的なのか。
    それは、容姿端麗で秀でた聴覚の主役感溢れる人間性豊かなスケーターがこだわり抜いたマニアックな構成を綺麗で正確な技術を用いてエレメンツを美しく装飾し音楽と一体化し、時に歌い時に役者となり獲物を狙う肉食獣のように勝利を希求し結果を出し続けてきたから。
    幸い多くの尊敬できる素晴らしいライバルにも恵まれてます。
    競技って1人では成立しませんからね。
    そんなスケート漬け人生を走り続けた彼も、新型コロナ下の新しい日常で今まで着手できなかったことや新たな責任、自分のスケートを見つめなおす貴重な時間を過ごしていたようです。

    インタビューは、いつもの様に彼の飾らない率直な思いが彼自身の言葉で語られています。そして刻々と変化する社会情勢と自身の展望を踏まえ、第一人者ならではの示唆に富むものとなっています。
    新型コロナの影響下、自ら敷いた行動規範、医療従事者への深い労い、一番大切にしたいアクセルと先生方への原点回帰。重要な点はこの辺りでしょうか。

    公言どおり、公式戦で4Aに挑戦するのであれば、多分1回だけ。
    彼が最終到達点と定めた場所は、いったい何処なのか。
    それは知る由もないけれど、たとえ新型コロナがなくとも大阪NHK杯はあまりにも方角が悪いと思ったし、現役を続けていれば出ると発言した北京五輪は、東京次第では予断を許さない。
    そんな混沌とした時代の中、持ち前の探究心で前人未到の4A実現に向け、不純物を浄化しつつ集中を高めていく羽生選手。
    もうまるで出家する弟を見送る姉の気分(妄想激しい)。
    ずいぶん遠くまで来たな、という感慨と明るい未来の到来を予感し、謹んで大願成就の祈りを捧げます。
    天才の最終型には、相応しい舞台があって然るべきだと考えますが、それもこれも決めるのは氷の神様の領域かも知れません。
    案外、無観客国内試合でサクッと決めたりして。
    とにかく、新型コロナの目処が立ったら、ジスランに会いたいところですね。

    私は、大技を披露する事なく競技生活を終わったとしても、勇気ある選択だと考えます。絶対身体の方が大事ですから。

    以上インタビューで瞬時に想起した、「本人が4Aを実行する」ならばの想像力豊かなお話ということで。

  • 3
    猛者  2020/08/31(月) 05:43:17  ID:2902d979d

    やっと卒業のめどが立ってきたようで安心しました。まさか退学・・でなく今後競技を離れた人生に少なからず影響するでしょう。

    4CC、本当にあぶなかったですね。大会すらあれを境に多くが中止になりました。

    羽生選手の人生はご本人が決めることです。BUT平昌優勝できっぱり引退→卒論完成、卒業→休養→→次の人生へはばたくイメージでした。

    フィギュア応援者としては北京冬季は無事開催されるのかこのあたりも心配です。

  • 4
    鈴蘭  2020/08/31(月) 10:24:10  ID:cd65b26c7

    羽生くん、コロナ自粛の期間は、卒論を完成させていたのですね。
    それも非常にクオリティーの高いもので。
    通常ならシーズン真っ只中で、完成させるのは大変困難だったと思われます。
    卒論完成おめでとうございます。

    天は二物を与えずといいますが、三物も四物も羽生くんに与えているようです。
    まぁ羽生くんは天からの授かりものですからね。

    羽生くんの目標は北京ではないと思われます。
    今後は夢の実現に向けて怪我なく頑張ってください。

  • 5
    チャービル  2020/08/31(月) 23:12:17  ID:4a65cff9c

    羽生君ならではの卒論ですね!
    羽生君のきれいなジャンプが分析されているなんて、とても貴重ですよ。
    多くのスケーターや指導者が興味を持つのではないかな。
    スケートと関係のない私でも読んでみたいと思います。

    社会全体での感染症のコントロールは難しいですね。羽生君がグランプリシリーズを欠場するのは妥当な判断と思います。(他の出場する選手を否定するものではありません。それぞれ事情が違いますから。)

    自分が感染しない、拡げないことが一番の応援という言葉に同感です。
    私も今は健康でいるだけでも一つの社会貢献になっているんだと思ってます。

    白シャツが新鮮でしたね。思い返してみると私が見る羽生君は衣装か黒い練習着かスーツを着ていることがほとんどで、私服はめずらしいのかな。
    猛暑を和らげてくれるような涼やかな姿でした。

  • 6
    たんぽぽ  2020/09/02(水) 07:50:28  ID:7f405e5e4

    彼は既に多くの事を成し遂げてきた。
    演者としてアスリートとして一人の人間として
    聡明で魅力的なスケーターだ。
    カナダのチームで学んだ事や試合で経験した事を生かして
    今後は未来の子供たちの育成に尽力してくれると嬉しいなと思う。
    スケートは技術だけじゃない。心も大事。
    スポーツはAIでは測定しきれない
    素晴らしい感動をもたらしてくれるもの。
    だが、戦争が起きたり、疫病がはやったり、自然環境が破壊されたりしたら、、、
    結局、スポーツや芸術を楽しむ事はできなくなる。
    この猛暑も自然災害も起きるべくして起きた事。
    自然からの警告。
    アスリートもそうでない人達も体が資本。豊かな自然あってこそ丈夫な心と体を養う事ができる。
    他の競技なら40過ぎても現役を続行する選手もいるがケガとの闘いだ。
    今までスケート漬けの毎日だったでしょうから
    この機会にスケート以外の世界にふれるのもいい経験になると思う。
    芸術性やプロの魅せる技を学ぶもよし。
    そうすればまた新しい「羽生結弦」を見られるのではないかと
    期待しています。
    平和な未来へ願いを込めて。

  • 7
    曙光  2020/09/02(水) 11:30:53  ID:6346cd76c

    2014年からずっと連続して24時間TVに出演されていますが、その翌週のエブリィが楽しみなんです。本編を補完する機能がありますが、むしろ、こちらが本編かもしれません。
    今回は、明らかに本編でしたね。羽生選手の想いが、より強く伝わってきました。(24時間で、重要な発言をカットされたのは残念でした)
    4大陸以降の心の内を率直に語ってくれましたね。

    今思えば、この収録時点で、GPS欠場を決めていたような気がします。

    回復した未来に向けて、私たち一般人が、感染拡大防止のために一番闘わないといけないんですよね。
    羽生選手が氷上に姿を現わす日を楽しみに待っています。どうぞ、お身体ご自愛ください。

  • 8
    ベガ  2020/09/04(金) 17:49:53  ID:c46a2f299

    羽生選手のファンで卒業を不安視している人はほとんどいませんでしたよ
    「単位ならいつでも取れるけど、在学しているメリットを享受したい」というような発言をされていましたので
    探究研究好きな羽生選手のこと、随一を誇る早稲田の知のインフラを時間の許す限り堪能したかったのでしょう
    立派な卒論を完成されてこの9月には卒業式でしょうか
    おめでとうございます
    (^o^)